白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

こども

こども達は善悪を知らないのではない。

悪を知らずに生まれてくるのだ。

道徳の授業が必要なのは大人の方ではないだろうか。

  1. 2017/11/01(水) 07:54:28|
  2. 頭の中 心の中|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

熊本市 認可保育園の新しい斡旋方式について

『熊本市 認可保育園の新しい斡旋方式について』

皆さん、こんにちは。とても気持ちの良い日ですね。日差しで背中が温められて、ぽかぽかとするほどに幸せな気持ちになります。
それとは裏腹に私たちの大切な子供たちの保育園については相変わらず厳しい環境ですね。ご一緒に少しずつでも変えていければ幸いです。

さて、明日から熊本市の認可保育園の入園申し込みが始まります。そして、今年から斡旋方式が変わります。申込書も一部変わりました。
昨年の申込書には祖父母のマイナンバーも記載が必要だったのですが、今年からは不要になりました。昨年苦情が多かったため、変えることができました。声を上げていただいた方々、ありがとうございました。祖父母のマイナンバーは、祖父母が入園する子供の養育費の責任者になっている場合など、ごく限られた人数の方から必要なのに、全員から集めていたのでした。おかしいですよね。こんな風に、お知らせいただけると変えられることもありますので、ぜひ、何かあればお知らせ下さい。迅速に対応した課にも敬意を表します。

さて、斡旋方式の変更について、市役所の視点から書きます。
<旧>まず、一次募集の後、第一希望の園に斡旋できるようベストを尽くす。第一次審査で第一希望の園に決まらなかった場合、二次募集で再度申し込みをしてもらう。
<新>一次募集の段階で、書いてもらっている1〜3の希望の園に点数順(註1)にどんどん斡旋していく。一次募集の段階で、ほぼ全ての方が希望した園のいずれかの園に配置されるはず。一次募集の期間がこれまでより長くとってある。それでも配置先が決まらなかった方々に二次募集で申し込んでもらう。
保育幼稚園課長に確認したところ、第一希望から第三希望の全てを書くことは義務とはしていないそうです。

<変更の理由>
これまでのやり方だと、一次募集の段階で園が決まっていない方が多く、二次募集後、入園斡旋と年度末の作業が重なって職員の作業量が膨大になってしまうからだそうです。市役所10階を焼いた大きな火事を真夜中に発見したのも残業をしていた保育幼稚園課の職員でした。その時は予算の作成作業をしていたのでした。保育幼稚園課はもともと多忙な課です。夜中の作業の一件が発覚してから、課長は仕事の仕方など変えることに取り組んできており、この斡旋方式の変更もその大きな一つと言えます。しかし、私はこの変更は保護者・子ども達にとっては幸せな結果を増やさないかもしれないと思っています。なぜならこの方法だと、遠い園に決まったり、兄弟で違う園になるなどのケースも増えるかもしれないと思うからです。職員の側に「保育園に入れればラッキーでしょ。選り好みするなんて贅沢。」というような意識を生みかねないとも思いますので、保護者さんへの対応はくれぐれも良い対応をしていただくようにお願いしました。一つ良い点は、園が早く決まる事ですよね。これについては大きな安心だと思います。

この新しい斡旋方法を体験されてみて、思うところがあればぜひご連絡ください。市とやりとりをされてみてもどうしても困ったこと、納得のいかない対応などもあればご連絡ください。すぐには変わらない事もあると思いますが、変わる部分もあると思いますので。どうぞよろしくお願いいたします。

連絡方法:
フェイスブックメッセージ 緒方ゆうかとはぐくむ会
メール ogatayuuka.hagukumu@gmail.com
Fax 096-370-2312
手紙 〒860−0960 熊本市東区下江津1−6−7−1

期限などは特にありません。

註1:点数順
ある保育園に誰が入れるかは、点数が高い順です。点数のつけ方は、例えば10点満点とすると、父母共にフルタイムの労働者であれば10点、一人がフルタイムで一人が求職中であれば7点などと、点数をつけていき、その点数が高い方が優先順位が高いとみなされ、点数の高い順に園に配置されていくということです。ここで使った点数はわかりやすいように示したもので、事実とは異なります。

熊本市の入園申し込みに関するウェブサイト
https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx



  1. 2017/10/31(火) 07:44:04|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魂の社(やしろ)

「体はたましいの社(やしろ)」だと

いつかどこかで聞いたことがある。

本当にそうだなぁと思う。だから、体を慈しんであげたい。

英語に "You are what you eat." (あなた=あなたの食べるもの)という表現もある。

http://ameblo.jp/tunanow/entry-12297461603.html
フェイスブックでシェアされた記事で出会ったこの方、杉山さおりさん、食べ物のことを皆んなに話している時、本当に楽しそうで輝いてる。

http://ameblo.jp/tunanow/entry-12227086179.html?frm=theme
↑この記事の中の杉山さんの言葉を紹介しますね。

『愛情のこもった食べ物をたべれば、愛情のこもった人間になる

答えはいつもシンプルなのです

現代の精神病もカラダの不調も、戦前の日本には見られなかった内容です
つまり高度経済成長とともに培った流通、保存のための食品添加物、農薬などによる「人工的なもの」の副産物

不自然なものを取り除けば
カラダもココロも自然に戻ります

そのためには、まず一歩目として原材料を必ずチェック!
なるべく不自然なものが入っていないものを選んでみましょう』

杉山さんのおかげで、最近お豆腐にパーム油やシリコーン樹脂をいれてつくっているものが出てきたのを知りました。
知らせて頂いて、ありがとうございます。

私たち熊本に住んでいるものは、自然なものが手に入りやすいから恵まれていますね。

食べ物を育てている方々に、天地に、感謝しています。

今日も、いただきま〜す。

  1. 2017/08/06(日) 14:54:11|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

収穫

kinkan 2015
〔わが家の金柑。今年も収穫できてない(汗)一月ごろはヒヨドリやメジロが食べにきていたけど、最近はこない。もう食べごろは過ぎたのかな?〕

一昨年まで、予備校に通っていました。その時に知り合った、若い友人たちが、今年は合格ラッシュです。
だから、今日のタイトルは「収穫」です。
皆、若いのに、先の見えない浪人生活をよく頑張り続けたなぁ。
3年、6年、10年など浪人期間はさまざまですが、本当によかった!!!!
みんな、若いから、浪人した期間を他の人より「遅れてる」と感じてるけど、人生の長さだって人それぞれだし、ぜーんぜん遅れてるなんていうことない。

「受かりました!だから、緒方さん、ご飯食べ行きましょ!」と誘ってくれるのが嬉しい♪




  1. 2015/03/07(土) 00:33:36|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

塩麹

salt kouji
〔講習を受けて仕込んだばかりの塩麹。まだお米が硬く、ツブツブ感が見られます〕

先日、自然なライフスタイルを提案する「ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ」さんで反後人美社長の講習を受けさせて頂きました。ピュアリーさん(そして、そこが運営するレストラン福のやさん)は、私が妊娠中、赤ちゃんにいいものを食べたいと思い、何とかして探し出したお店です。

日本では、古来から味噌、醤油、お酢、お酒、甘酒、納豆、糠漬けなどなど数多くの食べものが微生物の力を借りてつくられてきました。このような発酵食品は体に良いと言われていますよね。それで、最近塩麹なども流行っています。ところが、最近の菌たちは、バイオテクノロジーで遺伝子操作されたもので、もともとの菌ちゃんたちとはかけ離れたものになってしまっているそうです。知らなかった!そういえば、最近の納豆は以前と違って匂いがないです。ピュアリーさんでわらづと納豆を購入して食べましたが、味があってとても美味しい!です。なんか、懐かしい味がします。

お酢も微生物のチカラを借りて、長~い時間かかってつくられるものと知りました。これらの発酵食品は生きている微生物のチカラを借りるため、微生物が生きやすい環境の「蔵」とか「樽」などの伝統的な道具も合わせて必要ですが、現在どんどん姿を消しているそうです。お味噌などの調味料を残していくには、「蔵」や道具類など、文化・ライフスタイルすべて丸々残していく必要があるんだな、と感じました。

人美社長、ありがとうございました。

  1. 2015/03/02(月) 00:16:59|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

疲れの特効薬

veges
〔家のこ狭い台所で待機中のお野菜たち〕

最近、朝から晩まで何件もアポが入っていたり、また、アポ取りをしたり、
事務手続きやら、東西駆け回ったりしてバタバタしています。様々な考え、
性質の方に出会って癒されることもあったり、なかなか厳しい意見を
いただいたりする事もあります。

そんな中で、ふとする家事(特に料理!)はとても癒されます。
家事をしている時って、地に足が着いて、「今に生きている」という感じがします。
料理は疲れの特効薬だなぁと感じました。

ちなみに写真の野菜の名前が分からないのですが、縮れてふわふわした
菜の花のような野菜です。やわらかいので、ざくざく切って、梅のしょうゆ漬けを
叩いて細かくしたもの、ニンニクのみじん切り、お酢、ごま油とまぜまぜしたら
なかなかいけました。

greens.jpg
〔自分のパソコンで見ると、ちゃんと野菜の写真なのに、スマホで見ると変ニャ
写真になっている。なにが変って、うちの猫がかりん様のような昇天しそうな
表情で座っている写真になっている…。なぜだろう…。この写真はちゃんと
見えるかしら?〕

  1. 2015/02/22(日) 16:56:20|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

正直さ 後

前述したように、その日会った人にも正直にあらいざらい自分の事を
話して、理解されることも、理解されないこともあります。理解されたり、
好意を持っていただけたりしたら、すごく嬉しいです。理解されない時は
とても傷ついて、悲しい。

それでも私は正直であろうと思います。単純に、そのあり方が自分にとって
しっくりくるから。相手によって、ここまでは言おう、ここは言うのをよそう
と調節するのは、なんだか隠し事をしているようでとても気持ちが悪いし、
自分にとって都合のいい結果を導き出そうとする打算的行為に感じて
イヤなのです。

私は自分の内面や生き方を白日の下にさらけ出していく。
その思いが、このブログのタイトルの「白日の下で」です。

もちろん、人の事に関しては言わないし、誰かが傷つくような事をズバズバ
いうことはしません。(若いときは辛口の時もあったけど(汗)すみません!)
もっと要領よく、とか、器用に、というアドバイスもあるかも知れません。

ただ、私は、傷つくことがあったとしても『自分がこうありたい』という
あり方を貫いていきます。


  1. 2015/02/15(日) 18:13:51|
  2. 在り方について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム | 次のページ