FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

九州で原発事故が起きたら→江原会総会

20181105144536912.jpeg

午前中は安定ヨウ素剤の勉強会に参加した。
安定ヨウ素剤の勉強会の講師は鹿児島の医師青山浩一氏、薬剤師井ノ上利恵氏のお二人。
ヨウ素は甲状腺にたまりやすいこと、だから放射性ヨウ素は甲状腺にたまりやすく、子供は特に甲状腺癌を発症しやすいこと。それでも、甲状腺にたっぷりヨウ素が足りている状態であれば、放射性ヨウ素は甲状腺に留まりにくい状態になるので、原発事故のことを察知したら速やかに安定ヨウ素剤を服用しつつ、可能なかぎり遠くに、原発の風上方向に逃げましょう。しかし、最も良いのは原子力発電所をなくしていきましょう。とのメッセージ。

講話の中で紹介された、以下のリンクが原子力規制委員会の放射性物質の測定値がわかるホームページ。やはり、まだ福島県がダントツに高い。国連の特別報告官が、女性や子供を福島県に帰還させないように、と大々的に言ったのには根拠がある。http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/195/list-1.html

勉強会の場所が広木のさくらんぼ保育園だったから、週末だけど娘連れで心置きなく参加できた。会場がさくらんぼ保育園だと娘も楽しく過ごせるから、参加しやすい。この日はお天気も良かったから娘は園庭で遊んだりして楽しく過ごした。学習会が終わった後、娘とたくさん遊んだ。一本歯の下駄を履いて競争したり、おまままごとしたりして過ごしたから大満足かと思いきや、疲れて機嫌が悪くなったのか、帰りが超絶ぐずぐず、私を力づくで押したりひっぱったり、泣き叫ぶで大変だった。やまなみこども園でも園児たちが思いつくままに園庭に穴を掘ったり水で遊んだりしているけど、さくらんぼ保育園の子たちもどうしてなかなか。ちょうどこの日は保護者の方々がバーベキューをしていて、一緒に来ている子供たちが築山にせっせと水を運んで流し、水を運んで流し、を繰り返しびしょびしょ、どろどろ。ここの子たちも思いっきり遊べて幸せそう!

20181105131320e76.jpeg


先に書いたように、娘と遊んで疲れてしまったが、夕方は一年に一度の江原会。疲れ気味の感じで行ったものの、楽しかった。歴史の長い江原会。参加者は約800人程だということだった。のど飴の件などをきっかけに応援メッセージを下さった先輩方と実際にお会いできて嬉しかった。恒例の例大祭の踊り、げんこつ、最後は「キャラ」(漢字不明)というお名前の今年の卒業生による万歳三唱で締めだった。同窓生に熊本県議会議員の西聖一氏、濱田大造氏がいるが、お二人とも私と顔を合わせた時「挨拶しよると?」とハッパをかけてくれた。のんびりしているように見えたのかな??
スポンサーサイト


  1. 2018/11/03(土) 23:42:47|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本自治学会第18回総会・研究会 | ホーム | のど飴の件に関する疑問・批判に答える動画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukaoga.blog112.fc2.com/tb.php/778-4cc5b4e2

| ホーム |