FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

2018.8.20 議員向け研修会

昨日は熊本県内の全14市議会議員対象の研修会があった。

私が議会に赤ちゃんと出席しようとしたのが去年の12月議会。その後、今年の1月の研修会から初めて託児がついた。それから2度目となる今回。。。今回の研修会も託児があり、子供がいるからどうしようか、やめようかと悩まず参加することができた。道玄も成長してきて、以前より私と過ごす間隔が空いても大丈夫になってきたので、預ける時も以前よ理、より安心して預けることができる。しかも、ベテランの保育士経験者さんをシッターに手配してくれており、シッターの久野さんがしっかり遊んでくれた後、迎えに行ったときには久野さんの腕の中でぐっすり寝ていた。託児を手配してくれた事務局とシッターさんに感謝。

講師はテレビでもおなじみらしい、名越康文さん。私はお名前やお話を聞くのは初めてだった。

初めてだったけど、私がこれまで興味を持って読んだり見たりしてきた書物やビデオの内容と重なる部分がほとんどで、大方共感を持って聞いた。心は、「自己(=許す心、仏性、良心などと呼ばれるもの)」とその外側にある「自我(=不安、怒りなど)」で成り立っている。自我を何らかの方法で毎日掃除をすると自己が働き、朝から機嫌が良い自分でいられる。

何らかの方法とは、お経をあげる、散歩をする、瞑想をする、盆栽や音楽など趣味に没頭する等など人それぞれ。

成功、とりわけ大きな成功をするときには「自己」が働いている。

3日間行方不明だった2歳の男の子を、ものの20分程で見つけた78歳の男性の例を引き合いに出し、「直感」の存在と大切さ、また私たちの意識は繋がっていること、を話された。

一つだけ聞いたことのない話があって面白かった。それは、電子を真空に入れて、写真を撮る実験について。電子を真空に入れてその動きを撮ろうとするとき、毎回止まって写るそう。その実験の末、実験者が「スイッチを押そう」と思った瞬間に電子は止まる、という結論に至ったそう。つまり、我々の意識が電子の動きに影響を与えているということ。

ここからは緒方ゆうかの考えだが、もちろん、考えて見れば、当たり前とも言えなくもない。なぜなら、私たちの体の中の物質も全て電子があるわけだし、私たちが手を動かしたいと思えば、神経に電流を流して情報を伝えているのだし。この辺りのことがもっと解明・実用化されると「念力」と呼ばれるようなものも当たり前の能力になるのかなぁ。

量子力学の話もあり、イエメンにいる頃に見た「What the bleep do we know?」を思い出した。
このような話に少しでも興味のある方は、この映画をぜひ見て見てください(^^)面白いですよ。

一つお尋ねしそびれたのは、名越さんご自身にとっての「成功」とはご自身がどういう状態のことを指すのか、名越さんが見てきた人の中で、「成功」している人は誰なのか。

私が思う成功している人は、私が尊敬しているガンジーやダライ・ラマ14世のような人だな。

これまでの議員研修は「どのように地方を活性化するか」というようないわゆる議員向けの内容だったけど、今回は私たちの内面についての内容で、この人を選んだ議会事務局(?)も中々素敵な選択をしてくれたと思う。

事務局の皆さん、素敵な会をありがとう!

託児もお世話になりました。願わくは子育て世代の議員が増えて、託児を利用する人も増えますように。

合掌

(^^)
スポンサーサイト


  1. 2018/08/21(火) 15:50:23|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ACITAの会 | ホーム | 緒方ゆうかとはぐくむ会 2018年8月20日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukaoga.blog112.fc2.com/tb.php/733-9aa440d9

| ホーム |