白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

なんでおがっさんは政治に一生懸命なの?

ブログに来て頂いて、ありがとうございます。この記事は、最初2015年3月28日に載せたものですが、ブログの一番上にくるといいな、と思い、日にちを未来の日付にしています。その頃、私たちの子孫はどんな社会をつくっているでしょうか、母なる地球はまだ私たちを生かしてくれているでしょうか、などなど思いを馳せながら・・・

私が政治の世界に入って全力で活動しようと思うのは、純粋に、すべての人が幸せであって欲しいと願うからです。特に、弱い人を守りたい、世の中から「理不尽」をなくしたい。

誰かが幸せになる為に、他の誰かが不幸せになる必要はないと信じています。
素晴らしい方々が大勢いらっしゃって、その方々の「心」や「精神性」を反映させた素晴らしい社会をつくることができると思います。そういう社会では、すべての人が「足り」ている。

子供は宝として大切にされ、個性を伸ばす教育をうけ、知恵を受け継ぎ、のびのびイキイキして自信と愛に満ちている。福祉は充実し、未来の子供たちから借りている地球を汚したり、破壊したりしないでエネルギーをつくったり、経済活動したりする。また、違いや過ちを殺人ではない方法で解決する。

でも、今、政治は違う方向に突っ走っている。このままではアカン!政治を市民の手に取り戻さなければ!と思っています。
スポンサーサイト


  1. 2037/03/28(土) 09:58:32|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

| ホーム | 授乳拒否から始まりドイツの風に希望を感じた

コメント

私は、今回の緒方夕佳市議の行動を支持します。

私は、今回の緒方夕佳市議の行動を支持します。

リーダーシップを発揮する男性は、男性からも女性からも尊敬されます。

リーダーシップを発揮する女性は、男性からも女性からも敵視されます。

非常に残念ですが。

しかし、これまでの歴史が証明しているように、リーダーが明確なビジョンを伝え、人々がビジョンを共有できれば、世界は変わるものです。

そこに男女の差はありません。

私は、今回の緒方夕佳市議の行動を支持します。

なぜ、子どもを背負って仕事をしてはいけないのでしょうか?

子どもを背負って仕事することが許されている社会と、子どもを背負って仕事することが許されない社会とで、どちらがよりよい社会なのでしょうか?

どちらの社会を、これからの人々はすばらしいと考え、実現のために努力していくべきなのでしょうか?


現在子育てをしている父親母親のみなさんは、10年後、20年後、自分の子どもたちが大人になったときに、どのような社会であれば、気持ちよく、楽に、楽しんで子育てをすることができる、と考えているのでしょうか?

本当に、今回の緒方夕佳市議の行動を、批判し非難するだけでよいのでしょうか?

今一歩踏み込んで、10年後、20年後の、みなさんが育てている子どもたちの未来のために、議論を深めるべきではないのでしょうか?

ぜひ、考えてみてください。

あなたの望む未来を、あなたの子どもたちが住む未来を、今よりもっとすばらしいものにするために。
  1. 2017/11/24(金) 23:52:42 |
  2. URL |
  3. #e7iZ7l6U |
  4. 編集

ニュースを見て、コメントをしました。
わたしには子どもはいませんが、子どもを預かる立場にいた人間です。
わたしは、緒方さんを支持します。

子どもを預ければいいという意見をお持ちの方が多いですが、
やはり子どもはお母さんお父さんと一緒にいることが何よりも幸せなのだと思います。

預けられている子の中には、毎日朝の7時半近くから夜の7時ごろまで、ずっと保育所で過ごす子もいます。(乳児ではないですが)
子どもにとって、それが良い状態といえるのか疑問に思います。
「それなら仕事を辞めればいい」とか「早く迎えに行けるように努力すればいい」とかそういうことではなくて、
もっと子どもと親が一緒にいれる世の中をつくっていく必要があると思います。
女性の社会参画や子育て問題は、保育所や託児所を増やせばいいということではないと思います。
常識が変わらなければいけないのだと、強く感じます。

議会に子どもを連れてくることを、迷惑や非常識と言う方も多いですが、
当たり前の常識になることを願っています。




  1. 2017/11/24(金) 20:30:08 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

支持します

緒方さん、色々批判的な意見が多いみたいなので、コメントします。

私は緒方さんを支持します!!

GOOD WIFEというアメリカのドラマでは、赤ちゃんを連れた弁護士が出てきますよ。法廷にも赤ちゃん連れで出ていました。

学校のPTAの役員会議にも、赤ちゃんを連れて出てもなんの問題もありません。町内会でもそうです。

批判的な意見を言う人は、自分が差別的な発言をしているって事に気づいてないしょうか。

もっと差別のない、寛容な国になってほしいです。

批判にめげず、これからも頑張ってください!
  1. 2017/11/24(金) 10:06:06 |
  2. URL |
  3. すまりん #hgl8y57. |
  4. 編集

はじめまして(*^^*)ニュースで緒方さんのことを知りました。

福岡に住む2児の母です。

緒方さん、
まず、議員さんになって下さってありがとうございます。
そして、勇気のある行動、本当にありがとうございます。

緒方さんの一個人としてのエゴなんかじゃないこと、ちゃんとわかっている人もたくさんいます。ここのコメント欄見ると私も悲しくなり
ますけどね(^_^;)


私は支持します!応援します!

緒方さんの行動に勇気づけられた人がいることを緒方さん自身や他の人達にも知って欲しくてコメント残します。

お子様、しかめつらの大人達に囲まれて怖い思いしなかったでしょうか?

産後7ヶ月、まだお子様も小さく緒方さんもお身体が辛い時期だと思います。
そんな中で、体を張って行動して下さり、本当にありがとうございます。

女性が輝ける・安心して子育てができる日本ってまだ遠いんだなあ…と実感しましたが、一緒に変えていきたいです(*^^*)

本当に辛かったと思うので、
可愛いお子様をたくさん抱きしめて、少しでも気持ちを安らかにして下さい。

これからのますますのご活躍、心から全力で応援します。
どうか心折れてしまわれたりしませんように。
  1. 2017/11/24(金) 00:49:45 |
  2. URL |
  3. 中村 #- |
  4. 編集

ニュース見ました。

30代の父親です。

色んな方の意見も目にしましたが、私は職場に子供を連れて行く事に賛成です。

私も現在3歳の子供を育てています。

嫁が体調を崩し、保育園や周りに預ける事も出来ない時、会社に子供を連れて行った事がありました。

勿論、職場の方にご迷惑をおかけする心苦しさもありましたが、止むに止まれず職場に連れていきました。事情も説明しました。

ですが、子育てを終了している40代後半の女性職員から『仕事場に子供を連れて来るのはいかがなものか…』という主旨のことを言われました。

因みに現在の仕事も前の仕事も事務職です。

以前の職場では、女性職員が子供を会社に連れて来るのを周りが理解してくれていて、私もそれを普通に思っていました。

ですが、現在の職場では理解して頂けず、更に男親が職場に子供を連れてきた事に、心無い事を陰で言う人もいて、とても嫌な気分になりました。

どうしても子供を連れて行けない職場もあるとは思いますが、可能な職場であれば大らかな対処が出来る雰囲気であってほしいと思います。

母親だけではありません。子育てしている父親にも、同じような思いをしている者がいる事を伝えたくコメントしました。

パフォーマンスと捉える人もいるかもしれませんが、ニュースで取り上げられ、子育てと職場について、色んな立場の人達にも考えていただく良い機会だと思います。



  1. 2017/11/24(金) 00:07:09 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

緒方さん、ありがとうございます。

職場に赤ちゃんを連れてくるなんてとんでもないとたくさんの人が怒っているようですが、その人たちはなぜ子供を預ける先がなくて働くことのできないお母さんたちのために怒ってはくれないのでしょう?

彼女たちさえ我慢していればいいのでしょうか。
働けない間にキャリアが失われる女性もいます。
生活が苦しい家庭があります。

議場に赤ちゃんを連れてくるなんておかしい!と思った人。そりゃ当然そうですよ。子供がいちゃ仕事にならないのは母親が一番よく知ってます(トイレにさえ行けないんですから)。
じゃあどこか預けるところが必要だね、と発想を転換してもらいたい。そしてその預け先が不足しているせいで働けない女性たちが数多く存在していることに思いを馳せて欲しい。

緒方議員の今回の行動は、そういう今我慢を強いられている人たちへの想いがあってのことだと思います。

子供を職場に連れてくることがおかしいなら、預け先を増やさなきゃいけない。
いたってシンプルな話です。
そしてそこには行政ができることはたくさんあるはずです。

「子供を職場に連れてくるな」と言うなら「預けられないなら女は働くな」とはっきり言いましょう。
そして預けられる先が不足している現状では、職場から疎外される女性がたくさんいることを理解したうえで、はっきり「女は働くな」と言いましょうよ。この現状を見ない振りして「女性の活躍」だとか綺麗ごとを言うのはみっともないです。

緒方さん、今回の行動で綺麗ごとの裏にあるいろんなどす黒いことが見えましたね(笑)
ありがとうございます。
どんどん行動してください。応援してます。


  1. 2017/11/23(木) 09:41:00 |
  2. URL |
  3. Kana #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

takakiさん、あたたかいお言葉ありがとうございます!
本当に応援が力になります。
  1. 2015/12/01(火) 04:37:15 |
  2. URL |
  3. おがっさん #- |
  4. 編集

世の中は、経済政策ばかり!
人を大切に思うあなたを私は応援します!
  1. 2015/11/30(月) 21:15:39 |
  2. URL |
  3. takaki #- |
  4. 編集

しのぶさんへ

書き込み、ありがとうございます!ぜひ、またお話しできたら嬉しいです(*^^*)
宜しくお願い致しますm(_ _)m
  1. 2015/04/17(金) 21:07:17 |
  2. URL |
  3. おがっ #- |
  4. 編集

初めて書き込みします

先週土曜日に錦ヶ丘公園を生後11ヶ月の息子をベビーカーにのせて散歩していた時に、お声をかけていただいた者です(笑)
日曜日に主人とふたりで、それぞれ一票ずつ投票しました。
当選おめでとうございます。
子育てをしていて、こうであったら良いなーと思う事はあっても、それを自分が立候補して、世の中を変えて行こうと行動に移す事は誰でも出来る事ではないので、ゆうかさんのその熱い思いと実行力が、これからの熊本の環境に実を結ぶとよいなとそう思います。ご主人さまや周りのご協力無くては出来ないことだと思いますので、これから何かと忙しいかと思いますが、1歳の娘さんの笑顔を絶やさないことも忘れずに、少しずつ活動されてくださいね。応援しています。
  1. 2015/04/17(金) 10:19:28 |
  2. URL |
  3. しのぶ #wPtJCvwE |
  4. 編集

塾が学童保育へ参入

元上司の山田です。ゆうか、当選おめでとう!大都市の塾業界の新しい流れを伝えます。共働き家庭の小学生が下校後行くところがないので、子供を預かる学童保育と宿題など簡単な個別指導をおこなう塾スタイルの校舎を全国展開する塾が増えてます。地方自治体としても学童保育の必要性は問題になっています。熊本ではどうですか?主婦のグループが学童保育のサークルを作ることもあります。行政も何かをしなければならないでしょう。市議会議員はどんな問題解決能力があるのか、政経の地方自治のところを復習してほしいので、本を送りたいです。アドレスを教えてください。ゆうか、がんばれ、進学職業進路関係の本も送ります。お前が子育て、教育なんでも相談所になってたくさん問題を集め、解決方法をみんなで話しあって提案していくことが大切だと思います。
  1. 2015/04/15(水) 12:07:47 |
  2. URL |
  3. 山田和男 #- |
  4. 編集

Re: 選挙応援

> ありがとうございます!がんばります!
  1. 2015/04/08(水) 07:46:25 |
  2. URL |
  3. おがっさん #- |
  4. 編集

コメント、本当にありがとうございます。
何度も読み返して、読み返す度に涙が出ました。

同感です。
「三つ子の魂百まで」私も子供を持つまではよくわからない言葉でした。今、子育てをしてみて(まだ始めたばかり!)やっと実感しています。

私の考える子育て支援は、ゆったり子育てできる環境を整えることです。こどもは私達みなの宝物として、社会で支えていく。

今、増えている一人親の方々は特に支援が必要ですし、また、子育てしながら働きたい方もそうできる仕組みが必要だと思っています。

書きたい事は山ほどなのですが、とにかく、親に時間的に経済的に余裕がでて、子供が愛情をたっぷりうけて育っていける環境づくりをしていきます。

これからも現場の声、先輩お母さんの声、お聞かせください。

宜しくお願い致しますm(_ _)m
  1. 2015/04/03(金) 01:08:57 |
  2. URL |
  3. おがっ #- |
  4. 編集

初めまして。こうやってメールを送るのは初めてのことです。
私は、久しぶりに風邪で寝込んでしまい、夜中にひょろひょろ台所に行った時でした。 緒方さんの公告が目に入り、あなたの顔を見て何か感じるものがありました。
そらちゃんへの手紙、子どもへ良いものを食べさせたい想い。とても身近な感じがしました。


間違っている。政治家の人、誰か気づいて!この気持ちを誰に伝えることも出来ず過ごしてきたことを緒方さんならば話せるかもしれない。
そう思って書かせて頂きました。

私は、幼稚園にパートで勤務している者です。子どもが生まれるまでは正職でしたが、生まれたら自分の手で育てたい。初めて話すところも歩くところもこの目で見たい。
そう思って一度退職しました。

数年前幼稚園にも2歳児クラスができ、手が足りないから来ないか?とお話をもらって子どもが学校から帰るまで。と言うことで復職しました。
園に戻って驚いたのは、子ども達がお家の方と離れている時間が長くなっていること。
具合が悪くても出される子の多いこと。
本来うちの園は、お家の方と過ごす時間を大切にして下さい。と言う園であったのに、園児がたくさん来てくれるようになのかそれを良しとするかの様にすっかり変わってしまっていました。

この前の選挙の時にも、子育て支援。この事を訴える方がたくさんいました。
みなさん仕事がし易いように。待機児童を無くす。預かり保育、病児保育。こんな事ばっかり書いてありました。
これは有権者のお母さん達に都合のいいことばかりです。その子供達の目線でまた、私達現場の声を聞く方はいませんでした。

そして今年度からたくさんの幼稚園が認定こども園として赤ちゃんも預かる事になってしまいました。現場は大混乱です。

緒方さんは、子育て支援ってなんだと思われますか?親には用事もないのに長い時間預かってもらえる事でしょうか?
2人目が生まれるから家にいると大変なので預けられることでしょうか?
おむつが取れないから幼稚園で取ってもらうことでしょうか?
こうやって文字にすると預けるな。と言っているかのように取られるかもしれませんが、そうではありません。
お家の方にもどうしようもない理由のある方もいらっしゃいます。
ただ、大好きなお家の方と離れる子ども達がどんな顔で園にいるのか想像して欲しいのです。
かまって欲しいがためにあちこち痛いふりをする子、どこか不安そうな子。妙に冷めている子。こういう少し心配な子がだんだん増えています。

3歳児神話は嘘だと言う評論家が多いようですが、長くこの仕事に携わっていると、これは間違いではないのではないかと思うのです。

職員間では、このままではおそらくこの子達が大人になる頃に日本はおかしな国になるだろう。と話しています。子ども達の心の安定には、安心感や嬉しい気持ちがとても大切だと思います。


私たちは子ども達が好きです。命をお預かりしている事を一番に考えています。自分は愛されていることを感じて欲しいです。子ども達の悲しい顔を見るのが辛いのです。それに慣れていく様子はたまりません。私達がどんなに頑張ってもお母さん位子どもを満たすものはありません。


私も自分の子育てには全く自信がありません。
だから子育て支援は必要です。でも、面倒な事をやってもらうのが支援だとは思えません。
人間を育てる役目を頂いたのだから、少しは我慢も必要かと思います。

子育て支援は、お家の方がおむつの事生活習慣の事、どうしたらいいか分からないことを一緒に考えてアドバイスして、お家の方が自分で子育てすることの支えになる手伝い。

お仕事をしている方であれば、子どもの具合が悪い時には休みを取って、そばに居てあげる事が出来る職場作り。

子どもを預け易い支援よりも、子どもの側に居てあげられ易い、子どもの立場に立った子育て支援制度を作っていっていただきたいと願います。

すぐには世の中変えられないとは思いますが、少しずつでも子どもの心を大切にする社会になっていって欲しいです。それは将来の日本に関わることだと思います。

長々と申し訳ありません。
緒方さんは何かを成してくれそうな気がします。
応援します。
どうぞ娘さんや家族のために頑張ってください。



  1. 2015/04/01(水) 02:57:22 |
  2. URL |
  3. #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukaoga.blog112.fc2.com/tb.php/273-ee60cdd4

| ホーム |