FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

国連がある国の国民を守るために動かなくてはいけないということ

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)
国連有害物質の管理・処分に関する特別担当官
日本政府への再三の勧告

国連が日本政府に対して子供と女性の福島への帰還を止めるよう求めたというニュースを見た。ニュースは断片的なので、おおもとを探すと、国連人権高等弁務官事務所のサイトに出ていた。案の定、報道されていない重要な情報が複数含まれていた。以下のOHCHRのサイトの内容の要旨を日本語でまとめたので、ぜひ、ご一読を。

◎この担当官の仕事は、有害物質の犠牲者が出ているケースで、かつ世界的な働きかけが必要なものに関して国連総会に報告する事である。(つまり該当国の政府の対応が不十分・不適切な場合を意味する。)

◎事故前に安全とされていたものより放射線レベルが上がっている地域では、子供と出産期にあたる女性の帰還をやめるように。

◎放射線の安全基準を事故後に20倍にあげた事は子供への深刻な影響が出る可能性がある。

◎国連は2017年にも安全基準を元に戻すように日本政府に求めたが、日本はこれを無視している。

◎2016年にも、日本政府には子供の被曝を避ける義務がある事を伝えている。子供の権利条約を批准している日本は子供の健康のために最高の環境を整えなければならない。

◎日本政府は、避難勧告の解除と放射線の安全基準を年間20ミリシーベルトにした事を含む、福島第一原発に関する政策について、どのように「子供にとって最も有益である」という子供の権利条約の理念に違わないのか、説明しなければならない。

◎様々な組織が日本政府に対して、国連有害物質の管理・処分に関する特別担当官を招待して公式訪問をするよう求めているが、日本政府は国連有害物質の管理・処分に関する特別担当官以外の全ての機関を招待したが、有害物質の管理・処分に関する特別担当官だけはまだ招待していない。

◎日本政府は自主避難の人々への住居支援を打ち切ってしまった。支援の打ち切りと避難命令解除は今世紀最悪の原発事故によって多大な影響を受けた人々に、安全でない地域に戻るよう大きなプレッシャーを与えている。

福島第一原発の事故を「今世紀最悪の原発事故」とはっきり表現して、複数回言及している事が注目される。

https://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=23772&LangID=E

スポンサーサイト
  1. 2018/10/28(日) 01:05:00|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金曜日

201811051617174bf.jpeg


今日は熊本大学で政治を学ぶ講義の中で、少しお話をさせてもらった。皆さん礼儀正しく静か〜に聞いてくれたけど、時間がいっぱい、いっぱいで質問などがないか聞く事ができなかった。事前にその講義担当の先生から、人数の多いクラスだから質問をする人はいないと思う、という事だったので、時間があったとしても聞く人はいなかったかもしれないけど。最後に、私の他にも様々な考えや立場の議員を呼んで話してもらうと、予告されており、面白そうだと思った。

若い人達に話ができる機会はとても貴重で嬉しい。
それぞれが何かを受け取ってくれていたら嬉しい。

2018102623104928a.jpeg


私のインタビュー記事が「週刊金曜日」という政治雑誌に掲載された。インタビューを受ける前に読んだ事が無かったので、どんな雑誌か調べたところ、購読料を払って読む硬派な政治誌だ、という印象を抱いた。インタビュー掲載誌が届いたので見てみたらアベ批判満載の立場のはっきりした政治誌だった笑 「市民の声を丁寧に聞く開かれた熊本市議会に」という素敵なタイトルに感謝。

  1. 2018/10/26(金) 23:07:49|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高知県 ポレール通信

201810262225560c4.jpeg

20181026222617a29.jpeg


「ポレール通信」という高知県で男女共同参画に取り組む方々のニュースレターに載せて頂いた。なかなか男女共同参画が進まない日本でも、色々なところで活動してらっしゃる方々がいるんだな。こういう方々のおかげで、何とか少しずつでも進んでいるのかな。

それにしても熊本で男女共同参画に熱心に取り組んできた方々は80歳台の方々もおり、何とか私やさらに若い世代にも広げたいな。

  1. 2018/10/24(水) 22:36:30|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2018年10月22日

熊本市議会の中継は、現在インターネットエクスプローラーでしか見る事ができません。マックで以前見られたのですが、なぜか今は見られません。パソコンよりスマホの方が普及しているこの時代に。スマホやマックで見る方は以下のリンクへどうぞ(^^)

https://youtu.be/mk6vr6OkQw4 
のど飴発覚の前の議会の様子 
ー議運長「議会は原則に従うわけではない。」
ー議長「今の質問には答えなくて良いです!」議場の不規則発言(やじ)について「許可しています。」

https://youtu.be/-n9ZKUD8ZYc のど飴発覚の前後

のど飴4_convert_20181023052519


  1. 2018/10/22(月) 05:40:32|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界の女性議員の急増の謎に迫る!

20181020224216b0e.jpeg

今日は、福岡市であった、女性議員を増やすために企画された講演会に参加した。題して「世界の女性議員急増の謎に迫る」。参加者、何と181人!さすが福岡だなぁ、と感心してしまった。まずは主催の「地域で男女共同参画を!拡げようネットワーク」実行委員会(参加ネット)のメンバーさん達によるショートコント。日本の現状が分かりやすく、面白く基礎知識として提供された。

20181020224328fdd.jpeg


次にお茶の水大学准教授の申きよん氏による講話。
特に、申氏と三浦まり教授が共同で作成した動画に感動して、力をもらった。複数の女性議員らにインタビューをし、議員とはどんな仕事か、議員の仕事の魅力は、ロールモデルがいた・いるかどうかという質問への答えをまとめてある。

20181020224357d03.jpeg


次は、西南学院大学講師の王貞月氏による台湾についての報告。台湾の女性議員比率は約4割で、今やアジア1位。熊本市の姉妹都市、高雄市の市議会議員団も以前熊本に訪れた事があるが、熊本市議より人数も多く、女性が多いだけでなく、全体的に年齢も若かった。ある女性議員の赤ちゃんを連れて議会に行くという行動を受け、議会棟内に託児所ができた事、憲法で議員の女性枠を謳ってある事、国民、特に若者の政治参加がある事、そして一定の割合を女性に割り当てるクオータ制など、日本が見習いたい内容が目白押しだった。

20181020224440a5a.jpeg


講演会が終わってから主催者と講演者の集まりに参加させて頂いた。そこでも、皆さんのエネルギーから力を頂いた。来年の福岡市の統一選にて女性議員を増やすぞ、という意気込みがとても強い。福岡では、今年、女性のための政治スクールが開かれた。17名ほどの参加があり、そこから相当数が立候補するそう。来年が楽しみ。熊本市でも似たような取り組みができるといいな。まずは、私は2期目の関門突破を考える時。

201810202245242e4.jpeg


興味はあるけど、参加できなかった方のために録画をしてきました!見たい方は個別にご連絡ください(^^)

  1. 2018/10/20(土) 23:15:56|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もうすぐ運動会

20181019201441759.jpeg

「手作りのプラ板メダル」

毎年恒例のプラ板メダル。

去年は家族みんなで書いたけど、今年は娘一人で全部書きたいと。

どんどん、何でも出来るようになっていくな〜。


  1. 2018/10/19(金) 20:26:21|
  2. 子育て|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

のど飴事件の日の議会中継を見てくださいませ

http://www.kumamoto-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=gikai_result&gikai_day_id=440&category_id=3&inquiry_id=681
「のど飴の指摘があった日の議会中継。1時間を過ぎたあたりからおかしい様子が見て取れ、1時間27分頃のど飴に関するやり取りがある。これを見れば当日のおかしさが分かります。ぜひ、見てみてください。熊本市議会の中継は、現在インターネットエクスプローラーでしか見る事ができません。マックで以前見られたのですが、なぜか今は見られません。パソコンよりスマホの方が普及しているこの時代に。スマホやマックで見る方は以下のリンクへどうぞ。
https://youtu.be/mk6vr6OkQw4 のど飴発覚の前の議会の様子
https://youtu.be/-n9ZKUD8ZYc のど飴発覚の前後」


10月11日に行なった議会報告会の中で、あの日の事を正確に報道してくれる報道機関がなかなか無いので、自分達で動画を作ろうという話になった。一緒にやろうよ、という気持ちがとっても嬉しい^_^

さて、それに先立って、事実関係をおさらいしておこうと思い、当日の議会中継を見たら!いつになく「これ、すごくおかしい!」と憤慨のような気持ちになってしまった。私は普段、「幸せを増やす、広げる」意図で活動しているから、何かに憤慨して戦っている、という気持ちは無い。当日も、「出席停止になって議場を去る時、悔しくなかったですか?」など記者さんに聞かれたけど、私自身は割と平坦な気持ちだった。「顔を上げて通常通り歩いて行こう」と思っていたような気もする。時が経つとどうしても忘れてしまう部分がある。(^^;)

まず、他の議員たちのヤジのひどい事。議場のマイクは話している人の声だけを拾い、なかなか議場のヤジを拾ってくれない。そのようなマイクでも拾えるくらいこの日のヤジはひどかった。中継でかすかに聞こえるということは、議場では相当の大声でヤジを飛ばしているという事。質疑中にヤジがひどいのはわかっていたけど、質疑中はヤジの内容はなるべく聞かないようにしている。そもそもヤジに注意を払いながら自分が質問をする事は難しいし、心ないヤジに影響を受けたくないので。こちらを動揺させたり、妨害しようとしているヤジに反応するのはもったいないと思う。

議会中継を見返して、もう一つ際立っていたのが、議長の対応のおかしさ。私が原口亮志議会運営委員長に「開かれた議会とはどのようなものでしょうか。一つでいいので具体例を上げてお答えください。」と質問をした時、議長は「原口議員、答えられますか??答えないでいいです。」と言ったのです!一体何を根拠に?議会をなめているのはどちらでしょうか?品位をおとしめているのはどちらでしょうか?このような議会の本質的かつ重要な質問を答えないでいいとは?!しかも、私は相手に優しく、具体例を一つでいいので、とたった一つにして尋ねたのに。

議長がヤジを止めないので、議長に対し、議場を静粛に保つようにお願いしたが、一向にヤジを止めない。これは、地方自治法にも議員ができる行為として明記されている。(地方自治法 第一三一条 議場の秩序を乱し又は会議を妨害するものがあるときは、議員は、議長の注意 を喚起することができる。)あまりに議場が騒然となった時に、もう一度議長にお願いしようとした時、私の口から「議長は議場の方々に発言の許可をしているのですか。」という言葉が出てきた。すると議長は「許可しています。」と言った。こうなると開いた口がふさがらないと表現するにふさわしい状況。議場での発言は以下のように会議規則にその手続きが定められている。

(発言の許可)
第48条 会議において発言しようとする者は、議長と呼び、自己の議席番号を告げ、議長の許可を得て発言しなければならない。その他にも第7節全体が発言に関する規定だ。
http://www1.g-reiki.net/kumamoto-city/reiki_honbun/q402RG00001181.html#e000000575

これらの規則に議場の議員と議長までもが従っていないという事だ。

さらに、議会事務局長と議事課長の行動のおかしさ。議長が私に発言しないでいいと言う前、議会事務局長が議長に何か注意を喚起する仕草をして、議長が私に発言しないでいいと言っている。また、暫時休会と議長が言う前に、議事課長が議長の横に座っている事務局長に何か言って、事務局長が議長に耳打ちし、そして議長が暫時休会にした。事務局長のささやきの前は、議長は休会にするつもりはなかったように見受けられる。

議会中継を見て頂ければあの日のおかしさが分かって頂けると思うし、当日大勢いた報道関係者がこれらの事を全く問題視していないのが、残念で仕方がない。

  1. 2018/10/16(火) 23:23:24|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FMCさんによるインタビュー動画 「のど飴は起爆剤?」

https://youtu.be/oN4mEzzV23U

先日来FMCさんで放送されているインタビューの動画バージョンです。ぜひ、見てくださいませ。

「のど飴は起爆剤?」という不謹慎な、いえ、非常に前向きなタイトルも素敵です^_^ のど飴をきっかけに日本全国の方々が、どんな人々が物事を決めているの?と「わが町」の議会に目を向けて下さいますように。

  1. 2018/10/16(火) 16:36:23|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

みなまたの木

20181019214955191.jpeg


絵本作家の三枝三七子さんが、長野からお話をしに来てくれた。ご自身の「みなまたの木」を読んでくれて、この絵本を書くことになったきっかけ、チッソという会社が水俣市にできた経緯や水俣病が「石油製品」を使用する私たちと「直結する」事柄であることを、とてもとても分かりやすく、心にダイレクトに響く話し方で話してくれた。すごいなぁ。彼女の素晴らしい話を多くの人に聞いてもらいたいと思った。「この社会は大人がつくっている」私が長女が生まれた時に如実に感じた感覚を語っておられた。三枝三七子さんと相通ずるものを感じた。SNSでもすでに発信してくれていたけど、改めて「のど飴」の一件についても触れてくれて感謝。

上の写真の本は三七子さんが紹介してくれた本。水俣病の事を知ると共に、水俣病患者さんのための活動の応援にもなるので購入お願いしますという事でした。私も早速一冊注文しました。

201810192149225c9.jpeg


最後に一緒に写真を撮ってもらった。三七子さんだけ変顔!羨ましい!言ってくれたら一緒に変顔したのに!笑

場所が広木公園の前にある、さくらんぼ保育園だったので、娘を連れて心置きなく参加できた。私がお話を聞いている間中、娘は思う存分園庭で遊んでいた。外部の子も思いっきり遊ばせてくれる園長先生に深謝。

  1. 2018/10/14(日) 21:47:54|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2018年10月14日

10月16日、動画版を追記しました。

「のど飴云々よりもっと大切なことあるでしょ!」と思われた方、その通りだと思います。
あの日私は何をしていたのか?そして、何を止められたのか?良ければ、以下のインタビューをお聞きください。MCの榎田信衛門さんが、面白く伝えてくれています。私もたどたどしく話しています(^-^;

動画版
※下記2つとも同じ番組です。

▼YouTube版
https://youtu.be/oN4mEzzV23U

▼Freshlive版
https://freshlive.tv/fmc/242619

音声のみ
http://www.fmc.or.jp/qic.html
「のど飴は起爆剤」の右横のMP3というところを押すか、

音声だけを今すぐ聴きたい方は↓へどうぞ。
http://www.fmc.or.jp/sound/qic20181014c.mp3

ラジオ_convert_20181023052537


  1. 2018/10/14(日) 05:37:15|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ