FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月31日

何と、この熊本市東区新南部に世界最長寿のインターネットラジオ局があるそうです。しかし、ギネスブックに登録するのは手数料が高いため躊躇中。。。という事でした。その「ウェブラジオFMC」の榎田信衛門さんからインタビューを受けました。議場に赤ちゃんを連れて行った件については他の局が様々に報道しているので、別のアングルから、という事で、好きな食べ物は?尊敬している人は?などの質問も頂きました。好きな食べ物は?の答え「かぼちゃ」に自分でも「なんかもっと他にも美味しいものいっぱいあるでしょうに。。。」と後悔もありましたが、今更言っても仕方ありません。

2018年元日の14時頃に‥
『QICのようでQICでない、それは何かと尋ねたら?2018新春SP
/緒方ゆうか市議ロングインタビュー』

として放送頂くそうですが、明日は元日なので聴いてとは言いません。インターネットラジオなので、ネット上に音声はありますから、そのうち、気が向いたら聴いていただければ幸いです。

超地元のラジオ局、一度聞いてみて頂ければ幸いです。

◎ウェブラジオFMC(毎日更新) : http://www.fmc.or.jp/
榎田信衛門さんのウェブサイトhttp://enokidas.com/01_biography.html

スクリーンショット_convert_20180531043025


スポンサーサイト
  1. 2017/12/31(日) 04:29:11|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月28日

2017.12.27
今日のRKK(熊本のテレビ局)「くまもとこの一年」という番組に親子で生出演させて頂きました。早めに知らせてくれれば見たのに!と言ってくださる方もいらっしゃると思うのですが、今日一日緊張していて、その余裕がありませんでした(^_^;)

私が議場に赤ちゃんと座ったことに対する批判の意見を元に作られた質問ということで、「強行した」など強い言い回しがありましたが、批判にこたえる機会を頂いたと捉えて出演させて頂きました。

覚えている範囲のやりとりの要旨
佐々木さん(S):こんなに反響があるとは予想されていましたか。
私(O):いえ、想像をはるかに超えていました。国内外から大変な反響がありましたので。

S:赤ちゃんと議場に座るというご自分の行動をどの様に評価していますか。
O:評価といいますか、あの行動によって、それまで個人的なこととして取り合ってもらえなかった「仕事と子育ての両立」に関して聞く耳を持ってもらえる様になったのと、全国各地で、私の行動への賛否を超えて、仕事と子育ての両立について議論が起きているので、良かったのではないかと思っています。

S:子育てと仕事の両立について東区の有権者からはどんな声が届いていますか。
O:どんな仕事でも給与保証がある産休・育休が取れること、少し遅く出勤や少し早く終業できれば保育園の送迎に間に合うのにそれがさせてもらえない、赤ちゃんや子供を職場に連れていけたらいいのにそれができないので大変困っている、またはそれができないのでやめざるを得なかった、保育園に入りたい、希望の保育園に入りたいなど様々な声が届いています。

S:12月12日に、議会中に議場を出て授乳をしに控え室に行ったために、採決2つに参加しなかった、できなかったのは、4100人の付託に応えられたと言えますか?その二つはどんな案件だったのですか?
O:採決と授乳が完全には両立できなかったのは残念だと思っています。自らの選択で採決2つに参加しなかったのではなく、採決に間に合うと思って議場に戻ったら二つ飛ばしていたことに気がつきました。二つの案件は、予算や財産の取得といった定められた議決事項ではなく、北口かずこ議員の件に関する調査報告書を了承するという案件でした。

S:子育てと議員活動の両立もユニバーサルデザインの考え方で対応する必要があると思うのですが。
O:はい、子育て中、介護中、障害のある方、病気治療の必要な方など、様々な条件に置かれた方が議員になることができる環境が必要だと思いますので、同感です。

「強行した」という表現には「あの日は、極めて穏やかに静かに赤ちゃんと次席に座りましたので、強行という表現には違和感があります。」と申し上げました。

ビデオクリップにコメントする時間が無かったのですが、不正確な点や間違った印象を与えかねない点があり気になりました。熊本市の待機児童が0だと出ましたが、保留児童(希望する保育園に入れない方)は4月1日時点で約400人近いですし、近年保育園に入れなくて仕事を辞めた方などは数字に入りませんし、数字からはわからない厳しい現状があります。「行政サービスを待たずに取り組みを始めている」として鶴屋の保育所もその一つとして紹介されましたが、鶴屋の保育所は認可保育所と内閣府主導の企業型保育所ですので、通常の保育園同様、運営に税金が投入されています。つまり、通常の保育園同様、行政サービスの一環であると言えます。また、私の授乳の映像を流して、「母乳育児が信念」とテロップと音声で紹介していましたので、「母乳育児は私の信念というよりも赤ちゃんの人権です」と説明しました。

私の横に座っている佐々木キャスターは私と同い年だそうです。見えない??でも、同い年と聞いただけで少しリラックスできました。始まる前までは緊張していたのに、佐々木さんと話し始めたら不思議と心が落ち着きました。にこやかに接してくださったRKKのスタッフの皆さん、応援してくれていた皆さんのおかげだと思います。

ともあれ、私の初めてのテレビ生出演が無事に終了しました。はぁ、脱力〜(笑)

取り急ぎ眠い目をこすりつつのご報告でした。

2_convert_20180531042646.jpg

3_convert_20180531042700.jpg

4_convert_20180531042713.jpg

5_convert_20180531042728.jpg


  1. 2017/12/28(木) 04:25:15|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月25日

昨日、12月24日の報告会の参加者の方が共有くださった記事です。
今回の件に関する海外(日本在住の外国人の方も含め)の視点ははっきりしています。「日本社会における女性の地位(の低さ)」と「日本の労働市場における女性の地位の低さと労働環境の不備」です。もちろん、当事者の私としては「幸せに子育てと仕事を両立する」などもっとウェットな視点もあるのですが、「外」からの視点で俯瞰するとこのようにまとめられるのでしょう。

マイケル・ペンさんとは初めて知りましたが、この方が立ち上げた新月通信社を見てみました。以下新月通信社(http://shingetsunewsagency.com/tokyo/?p=1596)より

『新聞やTV局は、広告スポンサーに依存しており、そのほとんどが大企業です。そのために大手メディアは、スポンサーが伝えたくない不都合なニュースを報道しない傾向にあります。日本の大手メディア中心のシステムの中で、市民の真実の声が届きづらくなっているのです。

新月通信社は、大手メディアが軽視・無視しがちなストーリーを探し求めています。長年ジャーナリズムに関わってきた視点から、市民の真実の声を海外に紹介したいと思います。』

という事でした。私たちは大手メディアが報道しないことは全く知らない傾向にあります。私も多様なソースからニュースを得たいと思っていますが、難しくも感じます。よければ、様々なソースを教えて頂ければ幸いです。

1_convert_20180531043155.jpg


  1. 2017/12/25(月) 04:31:04|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月25日

昨日、12月24日の報告会に、はるばる鹿児島から参加してくださった南薩摩市議会議員の平神純子さんの熊日への投書。子育てと勉強や議員活動といった、社会活動との両立の難しさを経験しながらも、あきらめずに議員として行動を続けている方のご意見。

1_convert_20180531042436.jpg


  1. 2017/12/25(月) 04:23:49|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月23日

12月22日(金)「(仮名)出産議員懇話会」@豊島区議会への出席をお声掛け頂き、参加してきました。任期中に出産経験のある議員、宮城県から熊本まで全国各地から集まり自分の体験や所属する議会の様子などを話しました。これから連帯して動いていくためのネットワーク構築の始まりの会となりました。冒頭の三浦まり先生のお話は、いつも通り素晴らしかったです。「女性は多くの要素で分断させられている。女性同志、連帯して様々な意見や社会状況を勘案し、現実可能な案を生み出し実現していこう。必ず、野田大臣に提案書(要望書)を出してくださいね。」と。
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20171222/0005326.html

https://this.kiji.is/316896107769398369

  1. 2017/12/23(土) 04:23:14|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月30日

12月22日に東京都、豊島区議会にて開かれた「出産議員懇話会」の事を、それぞれの議員が任期中に出産した時に体験した厳しい状況・同僚議員からの反応なども含めて東京新聞が詳しく書いてくれています。政治という世の中の物事・あり方を決める場所で女性が尊重され、女性議員が増えて初めて、女性や子供が尊重される世の中にしていく事ができます。妊娠・出産・子育て中の女性たちが政治の世界にたくさん増えれば、待機児童は過去のものになるでしょうし、産前・産後ケアへの補助などは当たり前のものになると思います。子育て中の女性の皆さん、ぜひ、立候補を。私も、皆さんが「議員になっても子供は犠牲にしなくていいんだ。」と思える様な環境づくりを続けていきます。

http://www.tokyo-np.co.jp/…/…/201712/CK2017122802000154.html

  1. 2017/12/20(水) 04:28:36|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月20日

どこでも暖房の効きが強い東京から帰ってきたら、我が家は寒い〜😅

スケジュールが詰まってくると、すぐに報告が滞りがちになってしまいます。12月19日、「議会における働き方改革を進め、社会を変える会 第一回勉強会 『働き方改革におけるテレワークの実践』@衆議院第二会館」への出席をお声掛けいただき、参加してきました。意見交換会では積極的に発言しました。ハフポストが伝えてくださっています。取り急ぎの報告でした。

http://www.huffingtonpost.jp/…/telework-kumamoto_a_23314715/

スクリーンショット_convert_20180531042012


  1. 2017/12/20(水) 04:21:17|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会2017年12月19日

11/22の熊本市議会12月議会定例会初日に、生後7か月の長男と共に本会議出席行動をした熊本市議会議員の緒方ゆうかが、過日の行動の背景・目的・その後の動きなどに関して報告し、市民の皆さんと意見交換する会です。今回の件を緒方ゆうか本人の口から話を聞いていない方がほとんどですので、まず、本人からしっかりお話しさせていただくことが、この会の目的の一つです。
 
 そして、市民の皆さんと、オープンに話し合えればと思います。11/22の行動以降、さまざまな動きをしている方々の動き・内容を知っていただき、何が「問題」なのか皆様にわかりやすくお伝えしたいと思っています。

 さまざまな疑問やご批判にも丁寧にお答えします。多様な働き方、多様な人々とともに生きる共生社会について語る、あたたかな会となると思いますので、ぜひお越しください。

 託児はありませんが、子ども連れ大歓迎です。赤ちゃん連れで参加していただいて大丈夫です。園庭で遊んでいただくことも可能です。

スクリーンショット_convert_20180531042012


☆日時:2017年12月24日 13:00-15:30

☆場所:さくらんぼ保育園 みはらしホール
〒862-0906 熊本市東区広木町29-35

※さくらんぼ保育園駐車場は数台分あります。空きがあれば、広木公園の駐車場もご利用ください。

☆参加費:無料

☆お問い合わせ 096-370-2312(緒方)

☆主催:緒方ゆうかとはぐくむ会

※報道各社が取材に来る予定です。写りたくない方は受付でその旨お申し出ください。一か所にかたまってお座りいただくことになります。

☆タイムスケジュール(変更の可能性有)
12:45 受付開始
13:00 第一部 報 告
緒方ゆうか市議から、背景・動機・経緯などの報告
13:40 今回の件でアクションを起こした方々からの報告
14:20 第二部 座談会と意見交換
15:00 質疑応答
15:30 終了



  1. 2017/12/19(火) 04:18:14|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会2017年12月8日

昨日、議長宛に要望を文書で二つ出しました。

①授乳と採決参加を両立できるように配慮をお願いしますという内容。
②12月12日の閉会日に一言発言する機会を設けていただく事。

①については、「控え室で私が頼んだベビーシッターに赤ちゃんをみてもらい、授乳が必要な時は電話で呼んでもらう。(議員の各々の席の下には受話器がついています。随分古そうで、使えると知りませんでしたが。)採決の時になったら、事務局スタッフが声をかけてくださる。」という方法が議長の方から提案され、今回はそれでお願いしました。これまでは「自分で何とかして」一辺倒だったのが、ご協力頂ける事になり一歩前進したと思います。

②については、残念ながら、議長と議運長が、時間を設けない判断をしたと議会事務局議事課より知りました。私としては、私が議長らとなぜあのような行動に及んだのかという事などを話させて頂く間、「他の議員の皆さんにお待ちいただいたことへの感謝とお詫び」と「これから多様な方が議員として活動しやすい環境を共に作らせて頂く事を真摯にお願いする」事を考えていました。

議長に宛てた①の授乳と採決参加の両立に関してのお願いのみを、私の了解なく、全議員に配布したと知り、驚いているところです。

2_convert_20180531041716.jpg

3_convert_20180531041729.jpg


  1. 2017/12/08(金) 04:16:23|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年12月6日

皆さんのおかげですごいことが起きました。毎年、年始に、熊本県下すべての市議会議員向けに研修会があります。数百人規模です。案内の下の方を見てください。「託児希望の方」とあります。初めての事です!!嬉しいです☺

議員向けの勉強会は多々あるのですが、乳幼児がいると諦めることが多いですが、託児があると安心して参加できます。大きな、大きな一歩です。ありがとうございます☺

1_convert_20180531041545.jpg


  1. 2017/12/06(水) 04:14:54|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ