FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年7月21日

「〜子育てしやすい熊本へ〜一歩踏み出すミーティング」に集いませんか?このような会を通して、子育て世代が繋がっていって、社会の中で1つの有権者グループとして認知され、その声が反映されていくと良いな、と思います。今は社会で議会で高齢者の声が圧倒的に強いですよね。今また「生めよ増やせよ」「少子化克服!」の声が男性議員から出てきていますが、そんな中だからこそ、当事者の声を大にしていきたいです。

https://www.facebook.com/events/500056390330471/?acontext=%7B%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22messaging%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22attachment%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A%7B%7D%7D]%22%7D

スクリーンショット__convert_20180531035717

☆趣旨:

 東京オリンピックが開催される2020年まであと3年。2020年という節目に向けて、私たちが達成したいこと!それは子育てしやすい熊本の実現です。

 「産めよ増やせよ!少子化克服!そのための社会基盤の整備を!」という強い声が出てきています。また、「女性の活躍」や「働き方革命」とよく聞きます。そのような中だからこそ、当事者の声を大にしたい。子育て世代、特に女性が繋がっていって(もちろん男性も大歓迎!!)、命を大事にする、自分を大事にする、できる熊本に、日本社会にしていきたい。このような考えのもと、 多くの方を巻き込んでいきたいと思います。まずは身近なところから「仕事と子育ての両立」について、現状の洗い出しや、みなさんがどんな考えを持っているのか話す場をつくっていきたいと思います。今回の「~子育てしやすい熊本へ一歩踏み出すミーティング」では、参加型で対話したいと思います!

 これまで、仕事をしながら子育てする人たちがつながる場がありませんでした。社会の中で1つの有権者グループとして認知されてその声が政治の場面で反映されるようにしたい。身近な地方議会でも国会でも女性議員の数は少なく、政策決定の場は女性たちの声が届くようになっていません。市民としてできることもたくさんあるはず。仕事、子育て、保育園、学校、地域活動、たくさんのトピックスがあると思うけど、そんなに遠くない2020年オリンピック開催の節目の年までに、実現したいことを語りませんか? 今回、5/26開催のココカフェvol.0「子育てしやすい熊本への第一歩」から継続しての開催となります。一人じゃない。みんなで語り合いながら、互いのテーマに関心を持ちながら、実現していきましょう。

※写真は5/26開催のココカフェvol.0の時のものです。

☆場所:さくらんぼ保育園見晴らしホール  〒862-0906熊本市東区広木町29-35(http://www.sakuranbohoikuen.jp/
フロアリング、飲食可能

☆参加費 おひとり様1500円
お昼のオードブル代込み
マイ箸、皿、コップをお持ちください(^^)

☆内容:
〇子育てしながら仕事をする人たちのつながる場をつくる
〇あなたの体験、聞かせてください。産休や育休を取れなかったり、子育てしながら仕事をする上での苦労話、女性(男性も?)たちの実情の洗い出し
〇参加者の話の中から課題整理→今後の子育てしやすい熊本を実現する会の活動テーマとして活用、年間プラン決め
〇すぐに実現できない内容については3年後のテーマとしてあたためる。

☆日時:7/31(月) 
10時30分~10時50分 受付
10時50分~12時 第1部 参加型でみんなで話す。
12時~13時 第2部 お昼を食べながら交流会

☆その他
暑い暑い夏休み。保育者をつけることはできませんが、お子様連れでのご参加大歓迎です。江津湖広木公園がすぐ目の前です。

☆主催:子育てしやすい熊本を実現する会
☆共催:熊本こども・女性支援ネット(KCW)

スポンサーサイト
  1. 2017/07/21(金) 03:53:57|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2017年7月9日

水道が民営化されたらどうなるか、が分かる記事。熊日、7月9日、1面

要旨:水道を民営化した国々では、一様に、水道料金が上がった。加えて水質も低下し、結局国が高額なお金を出して買い戻した上に、民間企業から訴えられ、裁判に負け、損害賠償をするために多額の国民の税金が使われた。水道民営化が進められる日本において私たちは関心を持つ必要があるのではないか。

3_convert_20180531035319.jpg


  1. 2017/07/09(日) 03:52:33|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |