白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月30日

9月27日(日)、清水公民館にて「成人について語ろう」に娘の空と参加させて頂きました。

スーダン、ポーランド、パプアニューギニア、台湾、オーストラリアの5カ国からの講師が招かれ、それぞれの国についてのプレゼンテーションの後、国別でグループに分かれ成人について討論をしました。

私はオーストラリアのグループの講師の通訳を務めましたが、実に興味深い話し合いでした。

主な議題は選挙権、飲酒、結婚などの法定年齢が日本とどう違うかから始まり、そこから文化、価値観の違いが見えてきます。

オーストラリアでは、選挙に行くのはあたりまえで、投票率などは特に話題にならないそうです。選挙に行かない場合、病気なら医師の診断書、そうでなければ、理由を書面で提出しなければならないそうです。それを怠ると170ドルの罰金!また、裁判所に出頭し、釈明しなければならないそうです。この方法だと、投票率は高いけど、真剣に選ぶかどうかは分からない、という事でした。

主催者の橋本さんの挨拶の中で、「個人同士の国際交流が、国家間の友好につながるきっかけとなる」とありました。本当にそうだなあとしみじみしてしまいました。

娘も同じ年頃(1才半位)のスーダンの男の子と瞬時に仲良くなり、感動しました。

このイベントは、年1回、10年間に渡って橋本さんを中心に英語を学ぶ仲間、国際交流会館、公民館が協力して開催してきましたが、今年で最後だそうです。残念です。

また、清水公民館の担当者のKさんには、娘とたくさん遊んで頂き、本当にありがとうございました。皆さん、大変お世話になりました。また、お会いしましょう!

10_convert_20180419123303.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 12:31:38|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月29日

今日、9月29日(火)は人口減少社会に関する調査特別委員会に出席しました。この特別委員会では、12人の議員と政策企画課などがやり取りします。扱っているのは、「まちひとしごと創生総合戦略」とその前提となるべき「人口ビジョン」です。
大雑把に概括してしまうと、執行部と議員の基本的考え方に「ずれ」があるように思います。執行部(市役所職員)は、「アンケート調査によると、若者は熊本で働きたくても仕事がないと言っている、だから企業誘致が必要だ」と考え、発言した議員は、私も含めて、「アンケート調査によると、若者は熊本で働きたくても仕事がないと言っている。つまり、仕事がないなら自分で起こそうという若者が少ない。つまり、人材育成の取り組みが不十分だということだ。企業誘致合戦には限界がある。それよりも、どこにいても自ら仕事をうみだす事のできる自信と能力のある人を育てることが最も重要だ」と考えています。

9_convert_20180419123053.jpg


  1. 2015/09/29(火) 12:29:56|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月26日

9月25日(金)のくまにち新聞です。もうお読みになった方々もいらっしゃると思います。私、緒方ゆうかの発言の意図をご説明したいと思います。都市整備委員会でのやり取りは公開でモニター傍聴ができます。また、発言は議事録に残り、閲覧できます。都市整備委員会にて、もし何らかの差別発言などがあった場合、その発言に対してその他の委員や職員が何も言わないということは、その発言を委員会の発言として容認したという事になります。不適切な発言があった場合、それを指摘するのは、委員としての「私の」責任だと考えています。他の議員さん達は、議員個人の発言と捉えているかも知れませんが、傍聴者や議事録を読む市民からすれば、これは委員会としての発言であり、不適切な発言を誰も指摘しなければ、「誰も指摘しないのはおかしい」と思うと思います。つまり、私の発言は特定の議員に対する誹謗中傷や発言の制限といった性質のものではありません。「アルバイトの女の子でもいいから雇って…」という表現は委員会での発言として不適切だと考えます、という事です。

都市整備委員会に女性は私一人、また、委員会に出席する都市建設局側には女性がゼロ。まちづくりにより多様な人材が関わることにより、もっと「みんな」が暮らしやすいまちになると思います。一歩一歩、着実にすすめていきます。

8_convert_20180419122909.jpg



  1. 2015/09/26(土) 12:27:28|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月22日

9月21日と22日も引き続き広木公園でアンケートをさせて頂きました。公園の禁止事項を緩和してほしい、子供が使う通学路に徒歩でしか入れないところがあり、薄暗くなった時など車で迎えに行くときに非常に不便、子供が犯罪に巻き込まれないか非常に心配されている親御さんが複数いらっしゃいました。
また、市の仕事が見えにくい、もっと市民に周知して、市民の意見を取り入れて物事を決めてほしいという意見がとても多かったです。お話しさせて頂いた皆さま、お休みのところ本当にありがとうございましたm(_ _)m

7_convert_20180419122645.jpg


  1. 2015/09/22(火) 12:25:56|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月20日

今日、9月20日(日)は大学生のインターンさん達と広木公園にて市政に関するアンケートをおこないました。大連休中なので、普段の週末より少ないかも知れないとは思いましたが、だいぶ少なかったです。ご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。明日も行いますので、宜しくお願い申し上げます。

6_convert_20180419122520.jpg


  1. 2015/09/20(日) 12:24:14|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月19日

前記した、水前寺共済会館近くのこの物件について担当課の「建築指導課」に問い合わせました。なんと、持ち主の方は「ここに住んでいる」と主張されているそうです。長い時間をかけて、担当課の方が信頼関係を築きながら、交渉に当たっているそうです。現在ある法律の範囲内で、できる限りの事をしているとの事。周りから見ると変化がないように見えるので、近隣には周知しつつ進めると良いと思います。進捗状況をチェックしていきます。

1_convert_20180419122007.jpg


  1. 2015/09/19(土) 12:22:47|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月15日

9月13日(日)は議会が無かったので、市内の様々な現場を見て回りました。熊本市は広いので、現場主義で色々見て回ると大変時間がかかります。でも、現場を見るのが一番ですね。「百聞は一見に如かず」とは良く言ったものです。私は6つの常任委員会のひとつ、「都市整備委員会」所属です。空き家対策も含まれます。皆さんのご近所等で先の台風で、古い空き家が倒壊していませんか?

水前寺共済会館近くの危険物件。
1_convert_20180419122007.jpg

空き家というより不法投棄の現場にも見えてしまいます。
2_convert_20180419122018.jpg

鉤形の金属がついた柱などもあり、先の台風で飛んでいって誰かを傷つけなかったのは不幸中の幸いです。
3_convert_20180419122027.jpg

4_convert_20180419122036.jpg

竜神橋近く
5_convert_20180419122047.jpg


  1. 2015/09/15(火) 12:18:44|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月14日

9月12日(土)は熊本県有機農業研究会(東区小山)にて、「100年ごはん」という映画とそれに続けてトークセッションがありました。大分県臼杵市にて、給食に使う農産物を無農薬・無化学肥料のものにかえていく取り組みのドキュメンタリー映画でした。このとりくみの言い出しっぺは、臼杵市長。その次に当選した市長も取り組みを引き継ぎ、今に続いています。
緒方ゆうかは娘とインターンの学生さんと参加しました。ごども達の健康を左右する「食」がより安全で栄養価の高いものであるように、私も取り組んで参ります。

9_convert_20180419121743.jpg


  1. 2015/09/14(月) 12:15:19|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月12日

9/11、ディープな夜のスタートは「あなたの初めての性交渉を思い出して下さい。いつ、どこで、誰と、どんな風に?」
「それを隣の人に話して下さい。」
会場「…」
皆がもじもじ、しーん、としているところへ、本日の講話者、警視庁の小笠原和美氏が「というのは冗談ですが、今、どんな気持ちがしましたか?」「性被害について話すという事がどんなに難しいか少し分かって頂けたと思います。」と続けられました。
今年6月から性被害者のためのワンストップ相談窓口「ゆあさいどくまもと」が始まりました。
熊本県警の永田さんと警視庁の小笠原さんのお話しを聞きました。性被害者の実に7割が誰にも相談できていないこと、性被害の検挙率が低い事、小学生など小さなごどもの被害者の割合が低くないこと、加害者は親戚などもあり得る事、性犯罪に対する処罰は強盗よりも軽いこと(強盗は懲役 5年以上、強姦は懲役3年以上)、勇気を出して相談した被害者が相談や捜査の過程で心ないことばを言われ、更に傷ついている等々、驚きの事実を知りました。
市民に最も近い、市にできる事は多いと思います。小学校からの「あなたは唯一無二の大切な存在だよ」「嫌なことはがまんせずイヤと言って良いんだよ、相談してね。」などのメッセージを伝えるなど教育もとても大切だと思います。

7_convert_20180419121424.jpg

8_convert_20180419121434.jpg




  1. 2015/09/12(土) 12:13:08|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2015年9月7日

今日、9月7日(月)は9月の定例議会の開会日でした。9月議会は、去年度の決算(どのようにお金を使ったかの報告)などもあり、これまでの議会より更に分厚い書類が何部もあります。

教育委員を1名増員する事が先議(本来表決をとる日より前に表決をとって決める事)されました。

午後、「熊本市総合教育会議」 を傍聴しました。現在、熊本市は「教育大綱」を作成中で、それに関する話し合いです。メンバーは市長、教育委員長、教育長、小児精神科医、通訳士の5名です。人数も少ないので、皆さんまぁまぁ発言しますし、市長もメンバーとして発言するので、ある程度有意義な会議でした。

6_convert_20180419121221.jpg


  1. 2015/09/07(月) 12:11:15|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ