白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

出願

今日は、2次試験の出願票を大学に送りました。
その前に銀行に受験料を払いに行きました。
すると、支払い証明書と共に「落ちないファイル」を頂きました。
「落ちないファイル」には「合格祈願」と両目入りのだるまさんが大きく書かれており、カイロまで挟んでありました。しかもそのカイロも特別仕様で、パッケージに「必勝合格」と耳の生えただるまさん(猫仕様のだるまたち)が印刷されているのです。合格する気がしてきました!(→単純)(笑)
いつになくやる気ですので、2次試験まで楽しく勉強していきます.



スポンサーサイト
  1. 2012/01/24(火) 23:26:24|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

自己採点

いやー時代は変わりましたね。
今日は予備校で、センター試験の「自己採点」なるものをしに行きました。
ただ自己採点をして、自分の得点を知るのかと思ったら、なんの、なんの、自分の行ってる予備校のマークシート、河合塾、ベネッセ、旺文社などたくさんの会社に情報を送るために、各会社のマークシートやらなんやらを記入するのです。これはひと仕事でした。

ひと仕事の後は、久しぶりに桂花ラーメンに行きました。
新発売の旬菜麺、あっさりしていて、野菜たっぷりでおいしかったです。
おススメです。

  1. 2012/01/16(月) 22:43:27|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

嬉しい報告

とても、とても、とても嬉しいニュースがあります!!!
(といってもまだ、さくらさくのにゅーすではありません。
そちらの方はじきにきますので、悪しからず。笑)
海と陸の向こうから、年明けにやってきた、とびきり嬉しいニュースです。
2011年5月24日にこのブログで書いた、当局に捉えられていたイエメン人の元同僚が晴れて釈放されたのです!!!!!もう今年最大の嬉しいニュースです。他のアラブ諸国と違って、独裁者のサレハ元・大統領はとうとうその責任をとらずに、利権はキープしたまま表舞台から消えるだけのようです。でも、市民の根気強い民主化要求の運動によって、政治犯の釈放につながったものと考えます。ブラボー!2人の小さい娘たち、休むことなく夫の釈放を訴え続けた声のか細い奥さん、とても頭のいい弟、その他たくさんの家族、親戚、友人の皆さん、本当によかったね!!

そうそう、随分前に彼に送ったフェイスブックのフレンド・リクエスト。長い間、承認されないでいました。一年以上。彼が捕まっていたからです。その元同僚の解放のニュースを聞く前に、彼へのフレンド・リクエストが承認されたのです。私は当局の仕業か、ただのいたずらかな、などと思いながら彼の弟に、「あなたのお兄さんへのフレンド・リクエストが承認されたんだけど、どうしてだろう。」と尋ねました。その後で、「兄が釈放されたよ!」という報告のメッセージが入っていたことに気付いたのです。

本当によかった!


  1. 2012/01/16(月) 08:04:27|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すごいおばあちゃん

12月に91歳になったばかりの祖母が、今日、脳梗塞で入院しました。
面会時間ぎりぎりでしたが、日赤に行くと、疲れた様子でベッドに横たわっていました。
目をしばたいていて、私が近づくとすぐに私だとわかりました。
祖母は何度も「お母さんに、おばあちゃんは元気だったと言っといて。」と言いました。
祖母の世代の人は、我慢強いですね。そして、特に祖母は気丈で、痛いやら辛いやらを見せないようにしようとするのです。入院してるのに「元気だった。」と言うのもなかなか説得力のない話ではありませんか。

その祖母が、「ちょっとおかしい」と自分の異変に気が付くのは初めてのことではありません。前回は随分前のことですが、自分で、「少し言葉がおかしい。口がまめらん(訳:思うように話せない)。病院に行く。」と言うので、一緒に病院に行きました。すると、脳梗塞が見つかったのです。早期発見だったので、全く後遺症も残らず、回復しました。そして、今回も、「手がおかしい」と母に言い、病院に行くとMRIで脳梗塞がみつかったようです。いつも、すぐに自分で異変に気が付くおばあちゃん、すごいなぁと思います。このように皆が、脳梗塞のサインを知って、倒れるまで放っておいて後遺症が残るということが随分減るといいですね。もちろん、血液をサラサラに保って、脳梗塞にならないともっといいですね。



  1. 2012/01/15(日) 22:42:48|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

センター試験

いやはや、疲れました。
1月14日、15日とセンター試験を受けてきました。
初日は文系三科目、社会(私は倫理・政治経済を選択)、国語、英語の三科目で、朝9時半頃から夕方の六時まで会場にいました。たったの三教科を受けるのに丸一日がかりです!ただ、天気は良く、晴れて冬らしいスッキリした青空でした。テスト日和?(笑)

試験が終わって会場を真っ先(本当に一番目だった!)に出たら、記者らしき人がパシャリとシャッターを切った。「え?記者って朝じゃなくて、なぜ夜来るの?」とか「さっきの写真新聞に載ったらやだなー」とか思いましたが、私は高校生には見えないので、きっともっと高校生がいっぱい写っている写真が採用になるだろうと思っていたら、案の定、高校生がこぞって会場から出る様子の写真が翌日の新聞(熊日)に載っていた。嬉しいやら寂しいやら。(冗談です)

今日2日目は、曇り空でしたが、すごく冷え込むということもなく、お天気には恵まれたセンター試験でした。今日になって東北の方でトラブルがあったことを知りました。ヒアリング30分受ける為に2時間も待った高校生諸君、お疲れ様でした。

今日はゆっくり好きな本を読みながらお風呂に入りました。
明日からは大学の本試へ向けて始動します。


  1. 2012/01/15(日) 22:40:54|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

西暦にして2012年になりました。

人類が誕生してからは。。。何万年か経っている。

今年こそ、多くの人が幸せになる年にしたいですね。

日本で言えば、子供が日本の将来として大切にされ、心が幸せと好奇心で

満たされて育つような場所にしたいです。

私と言えば、どんどん成長していきます。(横にではないですよ。。笑)

では、今年も、またこれからもどうぞよろしくお付き合いください。m(__)m

  1. 2012/01/06(金) 16:11:20|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ドトール

先日、私の行きつけのカフェ、(カフェ?)「ドトール」に行きました。

新年って街中、混むんですねー!意外でした。若者でなんだか華やかな感じの街中でした。

私の友人によると帰省中の若者が飲みに集っているんじゃないかと。なるほど、納得。

大学生などが帰省して、若者人口が増えているのかな。

そのドトールでの出来事。

トイレを使おうと思って、女子トイレに近づくと、男女兼用の方に男の子がしゃがんで待っていた。

だから、その子に「先に行ったら?」と女子トイレを指差して言った。

そしたらその子は激しく両手を振って、「いい、いい、いい、いい。男子トイレが空くから。」

とはっきり言った。その小さいいがぐり頭を頼もしく眺めていると、男女兼用(男の子が男子トイレ

と思っている方のトイレ)のドアが開いた。意外にもおばちゃまだった。「あれ、こっち男子

トイレじゃねぇのか?!」とまたその子がはきはきとした物言いで言った。「おばちゃまは、あら、

ごめんね。」と謝っていった。

「親の顔が見てみたい」とはネガティブに使うものだと思っていたけど、この男の子に関しては

良い意味で「親の顔が見てみたい」と思った。この子のその後が楽しみ。

  1. 2012/01/06(金) 15:56:08|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

| ホーム |