白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

最大の危機

saki bathroom
〔手術前の元気なサキ〕

飼い猫のサキが先日、避妊手術を受けた。麻酔が体質に合わないようで、5時間で目が覚めるはずが、全然目が覚めず、やっと15時間後くらいに目が覚めた。麻酔が効いている間、何回も嘔吐し、心配な時間が続いた。こんなことならソファーで爪を研いだときにあんなに怒らなければよかった。。。などと無駄な後悔をしながら。。。

saki cage

夕方目が覚めるはずが、夜中の2時ごろ目が覚め、目が覚めてからも体が思うように動かないようで、呼吸に合わせて上下するお腹と、もぞもぞと手足を思い出したように動かすときだけが生きていると確認できた。
utsubuse
〔体を起こすことができたものの、そのまま動けずつっぷしたままのサキ。息ができるのか心配。〕

24時間たっても立ち上がれず、ご飯も食べられないので、点滴の液を口から注射器でちょくちょく与えた。さらに、抗生物質と痛み止めを一日に3回与えなければいけなかった。

一週間薬を毎日3回与えなければならず、仕事との両立が大変で、子供を持つ働く親の気持ちが分かった気がした。今、時間にフレキシブルな仕事(国?)で、随分家から働かせてもらえたのでよかった。


スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 19:38:26|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

沖縄・渡嘉敷島など

saki on the door 1
〔あどけなかったサキが写真のように育ってしまった。あるときからドアの上に登ることを覚えた。〕

今回はラッキーなことにマイレージが貯まっていたので、それを使って沖縄に行くことができた(!)。やはり沖縄はいい。人は温かいし、泡盛とご飯は美味しいし、海が透き通っている。渡嘉敷島という離島にも行ったので、海が本当に透き通ってきれいだった。それでも地元の人は以前はもっと綺麗だったという。砂は真っ白でまぶしく、目も開けられないほどだったそう。

渡嘉敷島は先の大戦で数百人という人々が集団自決を行ったところで、島のタクシーのお姉さんに頼んで記念碑が建っているところに連れて行って頂いた。上陸したアメリカ人将校が目にした光景を描写したアメリカの新聞記事も展示されていた。次のような内容が強い印象を残した。「見たこともないような恐ろしい光景が広がっていた。数百の遺体が積み重なりあたり一面を覆いつくしていた。まだ死にきれていない人々のうーうーと苦しむ声がところどころから聞こえていた。」まさに地獄絵図のようだったに違いない。渡嘉敷島では日本軍が残した手榴弾で自決した家族が多かったようで、その悲惨さは想像に耐えない。霊感のない私は幽霊こそ見なかったが、やはり背筋が寒くなり、しばらく手を合わせた後立ち去った。

このような現実がある中で、政府が「集団自決」ということばを教科書から取り除こうとしていることを沖縄の人は本当に怒っている。なぜ事実を事実としてきちんと残せないのか、と。



  1. 2009/06/12(金) 20:06:12|
  2. 旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3週間のお休み

saki small
〔小さいころは写真のようにあどけなくてかわいかったサキも最近では大きく育ってきてしまった〕

5月中旬から3週間の休暇にでていた。
およそ一年ぶりに日本に帰ると、会う人皆から、開口一番「日焼けしてるね。」「焼けてるねー。」母には「あなた焼けちゃってるじゃない。ちゃんと日焼け止め塗らなきゃだめよ。」などと口々に言われ、犯罪でもおかしているような気分にさせられた。そんなに日焼けがだめでしょうか?自分では気を付けていたつもりでも、日差しの強いサナアで焼けてしまったのか、旅行中だったのでちょっと気を抜いている間に日本で焼けてしまったのか。真相は分からないけど、これからは気をつけよう。

久しぶりに日本に帰ると、ハイテク社会に若干戸惑うことがある。日本の空港に到着してまずトイレに行ったら、急に何かがしゃべり始めて「何だろう?」と驚いて聞いていると、これまでは自分でスイッチを押す形式だった「音姫」が自動で作動し、音声が流れているのだった。なんだか色々とペースが速くて田舎からでてくる(外国から来る人々も)の気持ちが良く分かる。

去年帰ったときに知っていたはずの、空港での2次元バーコード式のチェックインも、今回は要領を忘れていたようで、保安検査のところで2次元バーコードをかざさず素通りしようとしたら、係員の方に「こちらにバーコードをかざしてください!」と誘導されてしまった。都会は慣れないと戸惑うことが多い。でも、今回は国内線を何回か乗ったので、すぐ要領を覚えられた。

(つづく)



  1. 2009/06/09(火) 19:44:55|
  2. 旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |