FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

LPAC for SALW

tighten pistol


LPAC (Local Project Appraisal Committee)
SALW 小型武器

小型武器に関するプロジェクトのLPACを今週の水曜日に開催する。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/23(日) 17:23:55|
  2. 仕事-UNDPイエメン事務所|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイズにおけるリトリート

camels


リトリートでもらった30分は、スタッフのモチベーションを高めるような内容にしたいと考え、以下のような構成にした。

1)スキット:同じ問題に対するA会社のスタッフとB会社のスタッフの違い
2)スキットについてのディスカッション、AをBにするにはどうしたらよいか?
3)スタッフの動機にかかわる重要点の内、組織の目的に関するディスカッション
4)E=mc2の公式の紹介とスタッフの動機にかかわるお互いの仕事への認知と感謝

自分としては反省点がたくさんあったが、他のスタッフからはありがたくも非常によかったというコメントを頂いた。

ともあれ、リトリートがおわって一つ肩の荷がおりた。


  1. 2008/03/16(日) 18:16:45|
  2. 仕事-UNDPイエメン事務所|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リトリート

現在、オフィスのリトリートでタイズという町に来ている。

リトリートとは日本語に訳せば「社員合宿」というようなことばになるだろうか。普段の環境を離れて、ティーム・スピリットを高めかつ事務所全体に関わることについて2日間ホテルで缶詰になる。今回は海沿いの町でおこなうか、山のタイズか一もんちゃくがあったが、セキュリティの都合上タイズになった。私はサバル山から見える夜景がとても好きなのでまったく異議はなかった。

2日間の中で、去年は個人間の紛争について長めのセッションをやらせてもらったが、今回は30分の枠で何かやって欲しいと頼まれた。私の枠は1日目の最後に終わり、今日やっとすべてのプログラムが終わった。

今日は非常に疲れているので内容については後述しようと思う。



  1. 2008/03/13(木) 22:59:39|
  2. 仕事-UNDPイエメン事務所|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

commandar

〔現場で地雷フィールドと除去作業の説明をする指揮官〕

今日の午前中はリトリートで行う劇の練習やリハーサルで時間をとられた。劇はたいしたことはないのだけど、皆の時間を調整して練習するのが大変。時間管理に得意でないこちらの人々は「9時半に集合」といってもそのように時間をやりくりできる人はなかなか少ない。しかし、何とか調達できる4人で練習し、リハーサルもこなせた。もう少し劇の後のディスカッションを練る必要がある。せっかく割り当ててもらった時間なので有効に使いたい。

12時半からは、在ジューネーブ小型武器関連の研究機関からのコンサルタントと会い、ミーティング。これから始まる小型武器のプロジェクトに関して貴重な情報収集とコンタクトをつくることができた。

なんと13~16時までは緊急ミーティング。きちんと準備がなされておらず、出席者皆が時間を無駄に使ったと感じたミーティングだった。

その後、地雷除去プロジェクトへのベルギーからの資金をもらうための手続きを行う。

  1. 2008/03/08(土) 19:34:55|
  2. 仕事-UNDPイエメン事務所|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アデン地雷除去センター出張(続き)

demining on hold

地雷除去の国際基準によって、地雷除去現場に訪問者が来たときは地雷除去作業を一時中止しなければならない。私たちが着いたときにはすでに皆しゃきっと気をつけの姿勢で待っていた。長い間気をつけの姿勢で立ってもらっていて申し訳ない気がした。

訪問の終わりの方には皆地雷現場の外にき一緒に写真撮影をした。

訪問者ログブックのようなものがあり、(真新しかったが)その一ページ目にメッセージを書かせていただいた。誰かが後から通訳してくれて、兵士の一人一人にメッセージが伝わるといいのだけれど。



  1. 2008/03/02(日) 17:59:19|
  2. 仕事-UNDPイエメン事務所|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アデン地雷除去センターへの出張(続き)

marking w stones

イエメンでは地雷があると疑われる場所を、紐と石でマーキングしている。はじめは鉄の杭を使っていたのだが、民間の人などが目的をよく理解せずに持っていってしまうことが頻繁に起きたからだ。

deminers in lahj

アデンの西隣のラハジ州で現在地雷除去活動を行っている兵士たち。イエメンにおいて私がもっとも尊敬する人たち。




  1. 2008/03/01(土) 22:22:45|
  2. 仕事-UNDPイエメン事務所|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |