FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

なんでおがっさんは政治に一生懸命なの?

ブログに来て頂いて、ありがとうございます。この記事は、最初2015年3月28日に載せたものですが、ブログの一番上にくるといいな、と思い、日にちを未来の日付にしています。その頃、私たちの子孫はどんな社会をつくっているでしょうか、母なる地球はまだ私たちを生かしてくれているでしょうか、などなど思いを馳せながら・・・

私が政治の世界に入って全力で活動しようと思うのは、純粋に、すべての人が幸せであって欲しいと願うからです。「弱い立場」や「理不尽」もなくしていきたい。

誰かが幸せになる為に、他の誰かが不幸せになる必要はないと信じています。
素晴らしい方々が大勢いらっしゃって、その方々の「心」や「精神性」を反映させた素晴らしい社会をつくることができると思います。そういう社会では、すべての人が「足り」ている。

子供は宝として大切にされ、個性を伸ばす教育をうけ、知恵を受け継ぎ、のびのびイキイキして自信と愛に満ちている。福祉は充実し、未来の子供たちから借りている地球を汚したり、破壊したりしないでエネルギーをつくったり、経済活動したりする。また、違いや過ちを殺人ではない方法で解決する。

でも、今、政治は違う方向に突っ走っている。このままではアカン!政治を市民の手に取り戻さなければ!と思っています。

スポンサーサイト
  1. 2037/03/28(土) 09:58:32|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:15

国連がある国の国民を守るために動かなくてはいけないということ

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)
国連有害物質の管理・処分に関する特別担当官
日本政府への再三の勧告

国連が日本政府に対して子供と女性の福島への帰還を止めるよう求めたというニュースを見た。ニュースは断片的なので、おおもとを探すと、国連人権高等弁務官事務所のサイトに出ていた。案の定、報道されていない重要な情報が複数含まれていた。以下のOHCHRのサイトの内容の要旨を日本語でまとめたので、ぜひ、ご一読を。

◎この担当官の仕事は、有害物質の犠牲者が出ているケースで、かつ世界的な働きかけが必要なものに関して国連総会に報告する事である。(つまり該当国の政府の対応が不十分・不適切な場合を意味する。)

◎事故前に安全とされていたものより放射線レベルが上がっている地域では、子供と出産期にあたる女性の帰還をやめるように。

◎放射線の安全基準を事故後に20倍にあげた事は子供への深刻な影響が出る可能性がある。

◎国連は2017年にも安全基準を元に戻すように日本政府に求めたが、日本はこれを無視している。

◎2016年にも、日本政府には子供の被曝を避ける義務がある事を伝えている。子供の権利条約を批准している日本は子供の健康のために最高の環境を整えなければならない。

◎日本政府は、避難勧告の解除と放射線の安全基準を年間20ミリシーベルトにした事を含む、福島第一原発に関する政策について、どのように「子供にとって最も有益である」という子供の権利条約の理念に違わないのか、説明しなければならない。

◎様々な組織が日本政府に対して、国連有害物質の管理・処分に関する特別担当官を招待して公式訪問をするよう求めているが、日本政府は国連有害物質の管理・処分に関する特別担当官以外の全ての機関を招待したが、有害物質の管理・処分に関する特別担当官だけはまだ招待していない。

◎日本政府は自主避難の人々への住居支援を打ち切ってしまった。支援の打ち切りと避難命令解除は今世紀最悪の原発事故によって多大な影響を受けた人々に、安全でない地域に戻るよう大きなプレッシャーを与えている。

福島第一原発の事故を「今世紀最悪の原発事故」とはっきり表現して、複数回言及している事が注目される。

https://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=23772&LangID=E

  1. 2018/10/28(日) 01:05:00|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

降水確率0%

今日は降水確率0パーセント、最高気温28度の予報だった。

そろそろしまおうと思う冬用の布団を干して外出した。

それなのに、夕方にはポツポツと雨が。そして、天気予報を再びチェックすると、夜中から雨の確率90パーセントに変わっていた。

何とあてにならないことか。

天気予報を鵜呑みにしてしまうという、悲しい現代人のくせ。

空を見て、空気を感じて、天気を予想できるようになりたいものだな。

  1. 2018/05/21(月) 00:00:12|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルーペ付き爪切り


【ルーペ付き爪切り】
ある日、実家に行った時、「高齢出産の唯一の難点は子供の爪がよく見えない事だ〜」と嘆いていた私。

その次に実家に行った時、ルーペ付き爪切りを父がプレゼントしてくれた。

愛を感じた(笑)

  1. 2018/01/24(水) 23:49:18|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魂の社(やしろ)

「体はたましいの社(やしろ)」だと

いつかどこかで聞いたことがある。

本当にそうだなぁと思う。だから、体を慈しんであげたい。

英語に "You are what you eat." (あなた=あなたの食べるもの)という表現もある。

http://ameblo.jp/tunanow/entry-12297461603.html
フェイスブックでシェアされた記事で出会ったこの方、杉山さおりさん、食べ物のことを皆んなに話している時、本当に楽しそうで輝いてる。

http://ameblo.jp/tunanow/entry-12227086179.html?frm=theme
↑この記事の中の杉山さんの言葉を紹介しますね。

『愛情のこもった食べ物をたべれば、愛情のこもった人間になる

答えはいつもシンプルなのです

現代の精神病もカラダの不調も、戦前の日本には見られなかった内容です
つまり高度経済成長とともに培った流通、保存のための食品添加物、農薬などによる「人工的なもの」の副産物

不自然なものを取り除けば
カラダもココロも自然に戻ります

そのためには、まず一歩目として原材料を必ずチェック!
なるべく不自然なものが入っていないものを選んでみましょう』

杉山さんのおかげで、最近お豆腐にパーム油やシリコーン樹脂をいれてつくっているものが出てきたのを知りました。
知らせて頂いて、ありがとうございます。

私たち熊本に住んでいるものは、自然なものが手に入りやすいから恵まれていますね。

食べ物を育てている方々に、天地に、感謝しています。

今日も、いただきま〜す。

  1. 2017/08/06(日) 14:54:11|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

収穫

kinkan 2015
〔わが家の金柑。今年も収穫できてない(汗)一月ごろはヒヨドリやメジロが食べにきていたけど、最近はこない。もう食べごろは過ぎたのかな?〕

一昨年まで、予備校に通っていました。その時に知り合った、若い友人たちが、今年は合格ラッシュです。
だから、今日のタイトルは「収穫」です。
皆、若いのに、先の見えない浪人生活をよく頑張り続けたなぁ。
3年、6年、10年など浪人期間はさまざまですが、本当によかった!!!!
みんな、若いから、浪人した期間を他の人より「遅れてる」と感じてるけど、人生の長さだって人それぞれだし、ぜーんぜん遅れてるなんていうことない。

「受かりました!だから、緒方さん、ご飯食べ行きましょ!」と誘ってくれるのが嬉しい♪




  1. 2015/03/07(土) 00:33:36|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

塩麹

salt kouji
〔講習を受けて仕込んだばかりの塩麹。まだお米が硬く、ツブツブ感が見られます〕

先日、自然なライフスタイルを提案する「ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ」さんで反後人美社長の講習を受けさせて頂きました。ピュアリーさん(そして、そこが運営するレストラン福のやさん)は、私が妊娠中、赤ちゃんにいいものを食べたいと思い、何とかして探し出したお店です。

日本では、古来から味噌、醤油、お酢、お酒、甘酒、納豆、糠漬けなどなど数多くの食べものが微生物の力を借りてつくられてきました。このような発酵食品は体に良いと言われていますよね。それで、最近塩麹なども流行っています。ところが、最近の菌たちは、バイオテクノロジーで遺伝子操作されたもので、もともとの菌ちゃんたちとはかけ離れたものになってしまっているそうです。知らなかった!そういえば、最近の納豆は以前と違って匂いがないです。ピュアリーさんでわらづと納豆を購入して食べましたが、味があってとても美味しい!です。なんか、懐かしい味がします。

お酢も微生物のチカラを借りて、長~い時間かかってつくられるものと知りました。これらの発酵食品は生きている微生物のチカラを借りるため、微生物が生きやすい環境の「蔵」とか「樽」などの伝統的な道具も合わせて必要ですが、現在どんどん姿を消しているそうです。お味噌などの調味料を残していくには、「蔵」や道具類など、文化・ライフスタイルすべて丸々残していく必要があるんだな、と感じました。

人美社長、ありがとうございました。

  1. 2015/03/02(月) 00:16:59|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

| ホーム | 次のページ