FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

権力と責任

walid
<ある日突然当局に捉えられ、姿を消した同僚>

イエメンでも民主化を求める平和的デモが続いている。
諸外国の仲裁で、サレハ大統領は30年以上居すわった大統領の座を
降りるように促されている。ところが、サレハ大統領は3度目の仲介案
の署名を拒否した。挙句の果てに仲裁国の外交諸氏が会議を開いていた
大使館に軍を送り、包囲した。

あまりに稚拙な行動だが、それも分からない人物なのであろう。

権力には責任が伴う。
いや、責任を果たすために必要なだけの権力が与えられていると言った方がいいだろう。
彼は責任を果たさずして、権力だけを欲しいままにしてきた。
今、人々が、当然の権利として、責任を果たさなかった彼から権力を剥奪しようとしている。
権利に見苦しいほどしがみつく一人の男。その見苦しさをなぜ理解できないのか私は理解できない。

スポンサーサイト
  1. 2011/05/24(火) 23:17:01|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イード休暇

少年たち
〔旧市街の子供たち。右2人が兄弟でそろいの新しい上着を着ている〕

ラマダンが終わり、3日間のイード休暇に入った。月が見えなくなり、次に細~くまた月が見え始めた次の日からイードが始まる。UNでは3日間の休みだが、巷ではすくなくともイードの週一週間は休みになる。大家さんの家族も親族一同で海岸の町アデンに行ってしまった。首都のサナアにいる人々の大半もそれぞれの田舎に帰ったり、南のアデンに行ったりして、町はひっそりしている。このひっそり感がずっと続けばよいのに。

休みが終わって人々がサナアに戻ってくるといつものように街は怒鳴り声、クラクション、クレージーな運転や大気汚染で落ち着かない様相になるのだろう。残念。

ヨーヨー
〔ヨーヨーを見せびらかしに来た女の子と写真を撮られに来た女の子〕

イード中に旧市街に行ったが、新しい服を着た子供たちで溢れていた。イエメンではイード中に子供に新しい服やおもちゃを買ってあげる習慣がある。でも、新しい服についている札を取る習慣がないようで、子供が着ている新しい上着の襟ぐりから下がっている札をとってあげた。男の子にモデルガンを買うのも習慣のようで、たくさんの子供がモデルガンで遊んでいて、撃たれないかひやひやしたが(外国人は時々的になることがある)この日は良い子達に出会えたようで、撃たれずに済んだ。いやはや。

少女
〔この子は自分がかわいいことが分かっているのか、他の子が恥ずかしがっている横で、臆面なく何枚も写真に撮られたがった。何か指の先のヘンナのようなものを見せびらかしている。〕

特別なお休みで、子供が嬉しそうにしているのを見られて、こちらも嬉しい気分のおすそ分けをもらえてよかった。

  1. 2009/09/20(日) 17:29:31|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海外に住んでいるっぽい人とは?

camel and his friend
〔以前アル・マハラというオマーンと国境を接しているところに出張に行ったとき、こんなほほえましい光景が。〕

去る6月から7月にわたって足掛け2週間日本に帰国したが、海外に住むものにとっては、日本に滞在する短期の間に効率よく、日本でしか調達できない食品、化粧品、生活用品などを入手しなければならない。その一環で化粧品をデパートに買いに行った時のこと。

化粧品売り場の店員さんは、売り上げのためフレンドリーに客に話しかけてくるのだが、今回も店員さんに聞かれるままに受け答えして、私が海外に住んでいることが分かると、「海外に住んでいる方だと思いました!」と胸を張って言われてしまった。こちらも興味を持ってなぜそう思ったのか聞いてみると、「海外に住んでいる人は好き嫌いをはきはきという傾向にある。」そうだ。欲しくないものについては、店員に進められても、曖昧な部分なく、きっぱりといりません、と言い、「これが欲しい。」と欲しいものがはっきりとしているそう。「その方がこちらも分かりやすいです。」とさすが店員さんは上手くまとめていた。そのハキハキが功を奏したのか、中東に住んでいる私に同情したのか、色々と試供品のおまけをつけてくれた。

確かに、海外に住んでいるとNoとはっきりと言わなければいけない場面や、考えていることをはっきりといわなければいけないことが多いので、だんだんとそういうコミュニケーションスタイルになってきているのだろう。同僚には「ジャパニーズ」としてちょっと違った文化背景を持った人物として扱われてはいるが、それでも知らず知らずのうちにどんどんノン・ジャパニーズ化していっているのだろう。


  1. 2009/07/18(土) 22:40:57|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

回復?

saki sit
〔術後の経過は良く、体調的にはすっかり回復したようだが、以前より私に対して凶暴になった気がする。手術でいたい思いをしたことを怒っているような気がするが。。。考えすぎだろうか?〕

saki play
〔こんなに素早く動けるように。〕

saki clinex
〔ティッシュを散らかしている。〕

saki ball
〔こんどはボールで遊びつつ、体をきれいに。〕




  1. 2009/07/14(火) 19:21:47|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

最大の危機

saki bathroom
〔手術前の元気なサキ〕

飼い猫のサキが先日、避妊手術を受けた。麻酔が体質に合わないようで、5時間で目が覚めるはずが、全然目が覚めず、やっと15時間後くらいに目が覚めた。麻酔が効いている間、何回も嘔吐し、心配な時間が続いた。こんなことならソファーで爪を研いだときにあんなに怒らなければよかった。。。などと無駄な後悔をしながら。。。

saki cage

夕方目が覚めるはずが、夜中の2時ごろ目が覚め、目が覚めてからも体が思うように動かないようで、呼吸に合わせて上下するお腹と、もぞもぞと手足を思い出したように動かすときだけが生きていると確認できた。
utsubuse
〔体を起こすことができたものの、そのまま動けずつっぷしたままのサキ。息ができるのか心配。〕

24時間たっても立ち上がれず、ご飯も食べられないので、点滴の液を口から注射器でちょくちょく与えた。さらに、抗生物質と痛み止めを一日に3回与えなければいけなかった。

一週間薬を毎日3回与えなければならず、仕事との両立が大変で、子供を持つ働く親の気持ちが分かった気がした。今、時間にフレキシブルな仕事(国?)で、随分家から働かせてもらえたのでよかった。


  1. 2009/06/30(火) 19:38:26|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

居心地のいいイエメン

sanaa mar
もう日中は夏の暑さ。でも、雨が降ると冷え込む。

毎年3,4月頃と6~8月が雨季なのだが、去年は全く雨が降らずに作物などに多大な影響が出たようだ。今年はうってかわってちゃんと雨が降っている。というより降りすぎて洪水が起きている州もある。気候変動の影響は確実に起きている。

住めば都とは言うけど、なんだか最近イエメンに愛着が沸いてしまっているし、居心地がいいと感じる。あんなに辛いと感じて、今すぐ出たいと思っていたときもあったのに。もちろん、こういう気持ちは浮き沈みがあり、何かのきっかけでまたそう感じるときがくることもあるはず。



  1. 2009/04/09(木) 19:49:40|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬が来た

イエメンに急に冬が訪れた。

寒いなぁと思っていると、どうも風邪の引きかけのよう。週末で直せるようにしようと思いつつも、今日は週末でないイエメン外の国の人々とのやりとりで随分家でコンピューターにかじりついていた。

明日は休めるようにしよう。

  1. 2008/11/06(木) 23:58:44|
  2. イエメンの(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ