FC2ブログ

白日の下で  緒方ゆうか Official Blog Site

イエメンより帰国し念願の日本ライフを楽しんでいます 読んだ事、考えた事などアップしますのであなたの考えも聞かせて下さい。 国連開発計画イエメン事務所で勤務中に書きはじめ、帰国して医学部受験勉強、2015年5月1日からは熊本市議会議員の悲喜交々を綴り中

なんでおがっさんは政治に一生懸命なの?

ブログに来て頂いて、ありがとうございます。この記事は、最初2015年3月28日に載せたものですが、ブログの一番上にくるといいな、と思い、日にちを未来の日付にしています。その頃、私たちの子孫はどんな社会をつくっているでしょうか、母なる地球はまだ私たちを生かしてくれているでしょうか、などなど思いを馳せながら・・・

私が政治の世界に入って全力で活動しようと思うのは、純粋に、すべての人が幸せであって欲しいと願うからです。特に、弱い人を守りたい、世の中から「理不尽」をなくしたい。

誰かが幸せになる為に、他の誰かが不幸せになる必要はないと信じています。
素晴らしい方々が大勢いらっしゃって、その方々の「心」や「精神性」を反映させた素晴らしい社会をつくることができると思います。そういう社会では、すべての人が「足り」ている。

子供は宝として大切にされ、個性を伸ばす教育をうけ、知恵を受け継ぎ、のびのびイキイキして自信と愛に満ちている。福祉は充実し、未来の子供たちから借りている地球を汚したり、破壊したりしないでエネルギーをつくったり、経済活動したりする。また、違いや過ちを殺人ではない方法で解決する。

でも、今、政治は違う方向に突っ走っている。このままではアカン!政治を市民の手に取り戻さなければ!と思っています。

スポンサーサイト
  1. 2037/03/28(土) 09:58:32|
  2. 日本の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:15

FMCさんによるインタビュー動画 「のど飴は起爆剤?」

https://youtu.be/oN4mEzzV23U

先日来FMCさんで放送されているインタビューの動画バージョンです。ぜひ、見てくださいませ。

「のど飴は起爆剤?」という不謹慎な、いえ、非常に前向きなタイトルも素敵です^_^ のど飴をきっかけに日本全国の方々が、どんな人々が物事を決めているの?と「わが町」の議会に目を向けて下さいますように。

  1. 2018/10/16(火) 16:36:23|
  2. 仕事-UNDPイエメン事務所|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「不服従」

あの日私は「服従せよ」というとてつもなく大きな圧力を感じていました。

今回の件は「のど飴」の問題ではありません。変化を起こそうとしている私に対して、現状を維持したい大半の方々がものすごい圧力をかけて私を従わせようとしている、というのが事の本質です。選挙が近く、私を排除しようとする心理も働いていると推測されます。

9月28日(金)議会の最終日、風邪で咳が出るのを防ぐために、質疑中に龍角散のど飴を口に含んでいました。これが会議規則134条「議会の品位を重んじなければならない」に抵触するとして、わざわざ議会を中断し、懲罰委員会が設置され、まずは「陳謝文」を読み上げることを命じられました。陳謝文の内容は「私は、9月28日の本会議において、質疑中に演壇において、本市議会会議規則第134条に抵触する行為をいたしました。議会の品位を重んじなければならない議員の職責に鑑みて、軽率な行為であり深く反省いたします。誠に申し訳ありません。ここに陳謝いたします。平成30年9月28日熊本市議会議員緒方ゆうか」でした。風邪の時ののど飴服用が議会の品位を軽んじているとは思わない、むしろ代弁者としての役割を遂行するため、咳の発作で議会を中断しないためなので、自分の言葉でこう発言しました。「風邪で咳の発作を止めるために喉の薬を口に含んでいましたが、それがどなたかのご気分を害したのであればお断り申し上げます。」「そうじゃないだろ!」など何と言っているか聞き取れないほど重なり合ってヤジが飛び交いましたが何とか発言しました。すると、陳謝を「拒否した」と断じられ、最終的にはさらに重い「議会出席1日停止」の処分になりました。準備していた質疑の残り少しと紹介議員になっていた「請願」に対する賛成討論をする権利を奪われてしまいました。

この日、私は、去年の12月以降から順次提出されてきた市民からの7本の「請願」に関して、議会運営委員長に対して質疑を行っていました。請願は議会基本条例を制定することに始まり、すべて議会を開かれたものにするための内容でした。議会運営委員会が、きちんとした審議もしないまま、これら7本すべて「不採択」に付そうとしていました。私はそれをあぶり出すために、「審議時間はどれくらいだったか」「YouTube配信を導入している自治体に事務局を通して問い合わせたか」「請願の一部採択を行なっている自治体の例は」などの質疑を行っていました。議会運営委員会には一人会派以外のすべての会派が所属しています。つまり、ほとんどの議員が審議をきちんとしないまま不採択にすることに加担している状況の中、一人、それを「おかしい」と声を上げていたという状況です。

質疑の間中、「議事録を読め!」「支離滅裂!」「さっき言ったでしょうが!」などのヤジが飛んでいました。以前、議会中に咳き込んでいた時に「議場から出れば?」と隣席の議員に言われたこともあり、咳が出る時に議会・委員会に出席するときは必ずポケットにのど飴を携行し、切らさないようにそっと口にするということをしてきました。以前から何度もしており、目の前の市長、執行部の数名や後ろの議員たち(1期目の私の席は一番前)は知っていたと思います。

今回も咳が出ないように議場に入った時には龍角散のど飴を含んでおり、一個目が切れて、二個目を自席に戻った時に含みました。口に含んだのをみて、なのか、口の中に入っているのに気づいたのかは指摘したご本人たちに聞いてみないとわかりませんが、二個目が口に入っている時に「飴を食べているぞ!」「飴を出させろ!」「ルールに従わなんて指摘しとるなら、あたが飲食禁止の規定ば守らなんでしょうが!」「飲食禁止!」などのヤジがあり「飴を出させろ!」の声がどうしようもなく高まって議長が議会を止め、暫時休憩にしました。

飲食禁止規定があると思い込んでいた議員たちでしたが、会議規則にそれがないとわかると長い話し合いになり、議会再開が不透明になりました。長い時間が経って、議会運営委員会が開かれ、私が呼ばれました。「謝罪しますか、しませんか?それだけ答えてください。」と委員長に言われ、風邪のため咳が出ないようにしていた事情を説明し、謝罪が必要な事柄とは認識していないと言いました。また長い時間待ち、議会が再開されたと思ったら、懲罰委員会を設置する動議が提出されました。あとは先述した通りです。懲罰委員会で話し合われる、事務手続き、それを本会議を招集して採決、事務手続き、また懲罰委員会を開催するなどの繰り返しで夜になりました。私はもともと具合が悪く、夜7時ごろには微熱、吐き気で体力的に限界に近く、控室に戻るときは横になっていました。

正直に言って、途中、対応を迷いましたが、昔、似たような状況を経験したことがあったと気がつきました。その時も年長者らが自分達はルールに従っていないのに、私には従わせようと執拗に迫っていたという状況です。その時も今回も年長者から同じ言葉を聞きました。「涙でも流すなら可愛げがあるけど。」以前も追求されている間はきつかったですが、年長者には従わず、自分の信念に従い続けました。そうしたら、道が拓けました。今回もそうだと確信し、自分の心に従いました。

*風邪で喉を痛め、質疑中咳が出ないようにのど飴を口に含むのは「議会の品位」を軽んじた行為か?「議会の品位」とは何か?判断の根拠は何か?

議会の「品位の保持」は地方自治法に規定されています。
「第一三二条 普通地方公共団体の議会の会議又は委員会においては、議員は、無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない。」http://www.houko.com/00/01/S22/067.HTM#s2.6.9 とあります。つまり、咳が出ないようにのど飴を口に含むことは議会の品位を軽んじることではありません。

イギリスのメイ首相が演壇で水を飲みながらも、咳が止まらなくなり、閣僚の一人がのど飴を手渡してくれるという場面があります。https://www.bbc.com/japanese/41507970 国籍、人種などを問わず、咳が出るときはのど飴が有効であり、文化の問題ではありません。

 地方自治法で規定されている懲罰は「戒告」「陳謝」「出席停止」「除名」の4種類あり、他の議会でこれまで「陳謝」の懲罰が課されたのは、「ヤジで質疑を妨害した」「首吊って死ねと発言した」「議長が質問中の市議に「くだらない質問」と発言した」などの例があります。ヤジで質疑を妨害するのは明確な会議規則違反、首吊って死ね、議長によるくだらない質問発言も人を傷つける不適切な発言と言えます。詳しくこちらであげてくれています。
https://minnahug.blogspot.com/2018/09/blog-post_30.html

(以下は記事のコピー)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 *2018年06月10日日曜日 河北新報
<仙台市議会>特別委紛糾8時間 深夜までもつれ…「やじなどで質疑妨害」共産市議に陳謝科す懲罰
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180610_11034.html
→懲罰の理由:やじで質疑妨害

*2018.3.16 産経ニュース
「死ね」発言市議への出席停止処分決まる さいたま市
https://www.sankei.com/politics/news/180316/plt1803160017-n1.html
→懲罰の理由:「首つって死ね」と市議が図書館長に発言

*2017年9月26日 糸島市議会広報いとしま
出席停止3日間
http://kyushu.ebpark.jp/itoshima/koho171115/HTML5/pc.html#/page/18
→懲罰の理由:虚偽の情報や実名を挙げた不適切な発言

*2017年6月16日 web東奥
議長発言で懲罰委設置/青森市議会
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/22162
→懲罰の理由:市議によるたばこに関する質問の際に議長が「くだらない質問」と発言
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーコピーここまで。

*本当に議会の品位を軽んじたのは議事を中断するほど大声で騒いだ、怒声をあげた議員諸氏です。こちらは明らかに会議規則136条の「何人も会議においてみだりに発言し、騒ぎまたは議事の妨害となる言動をしてはならない。」に抵触します。それを問題にしない、議長、報道機関。議場には第3者の「目」が少ないです。ひどい怒声があったのは議場にいた人しか分かりません。だから報道には「伝える」という役割があるのに、それをしない報道機関を残念に思います。

*議員の発言権を奪ったことの重大さ。そしてそれに気づいていない議員諸氏。
議員の役割は市民のために話す事です。ですから、「発言権」を奪われたら何も残りません。この権利を奪うことは、代弁される市民の権利を奪うことです。どうもこのことがよく理解されていない様で、のど飴を理由にこの最重要の権利が剥奪されてしまいました。

*懲罰には4種類あります。私に最初に課された「陳謝」はあちらが用意した「陳謝文」を強制的に皆の前で見せしめのように読ませることでした。心にもないことを読むように強要するのは人権侵害にあたるのではないでしょうか。このような処罰が議会に存在するのは大問題です。どこに訴えると人権侵害であるという判断をしてもらえるのでしょう?ご存知の方はおしらせください。

*今回の件は「のど飴」ではなく、変化を起こそうとしている私に対して、現状を維持したい大半の方々がものすごい圧力をかけて私を従わせようとしている、というのが実態ですし、背景には男性優位社会があります。他の女性議員も私と似たような状況を経験していらっしゃいます。日本において中々、男女共同参画が進まないのは、女性同士が「女性である」という事で必ずしも応援し合わない事も原因の一つにあると思います。男女共同参画の進んだ国は女性同士が応援し支え合って行動してきています。ぜひ、応援をお願いいたします(^^)

https://youtu.be/m-CzTP-CDLo

  1. 2018/10/02(火) 08:06:35|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

緒方ゆうかとはぐくむ会 2018年9月3日

2018 8 31
国立女性教育会館にての二泊三日の研修。全国各地から男女共同参画に取り組む方々が集まっていました。私が出会った中で一番南の方は奄美大島の自治体職員の方。熊本市の男女共同参画センターはあもにい勤務の方にもばったり会ってびっくり!

この研修のプログラムのひとつとしてフェミニスト議員連盟が主催したワークショップ「出番です。議会はあなたを待っている!」にてパネリストを務めさせて頂きました。

私が立候補にいたった経緯と動機、熊本市議会初の任期中妊娠・出産をして直面した困難とどのように解決しようとしたか、を駆け足でしたがお話ししました。

中央の堀場明子さんとは紛争研究のバックグラウンドなど共通しており、とても親近感が沸きました。平和構築の研究もしながら、国会議員の政策秘書をした経験があり、議員さながらの活動経験でした。女性議員を増やすためには、緒方ゆうかが今話したように女性議員自身のストーリーを話す機会をたくさん、たくさん作る事だ、そうすることによって女性たちが「議員になる」という事を選択肢の1つとして捉えることができる、と話され、私の話と堀場さんの話もうまくつながりました。

右の巻けいこさんは、今年からフェミニスト議員連盟の共同代表を務めていらっしゃる、元議員です。議員になる前後ずっと継続して市民の、女性の声を議会に届ける活動をされているのがすごいと思いました。

ワークショップ参加者も、新潟、金沢、長崎など方々からみえていました。特に、長崎からの大学生さんは、長崎市から旅費の助成を受けて参加していました。熊本市も、さらに人材育成に力を入れて欲しいと思います。そのように働きかけていきます(^^)

赤松良子元大臣も参加くださいました。

今回の出張には夫が同行したとはいえ、子供二人と慣れないモノレールや電車を乗り継いでの、はるばる埼玉県武蔵嵐山(むさしらんざん)への旅はくたびれました。ヒートアイランドから熊本に戻ってきた時のひんやりした大気の気持ち良いこと!自然に感謝。

私の話も誰かの刺激になったと思います。私も多くの方と出会って話してとても充実して楽しかったです。この機会に感謝です。このワークショップ担当の陣内さんとフェミニスト議員連盟の皆さま、ありがとうございました。

1_convert_20181016053908

2_convert_20181016053922

3_convert_20181016053934

4_convert_20181016053947

5_convert_20181016054008

6_convert_20181016054021

7_convert_20181016054034


  1. 2018/09/03(月) 05:37:17|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2018年8月29日

関東地方の方は、ぜひ(^^)

テーマ:出番です。議会はあなたを待っている!
日時:8月31日(金) 10時〜12時
場所:国立女性教育会館研修棟 301号

パネリスト:緒方ゆうかさん(熊本市議)
堀場明子さん(笹川平和財団特任グループ長)
まき けいこさん(全国フェミニスト議員連盟共同代表)
資料代:500円

問い合わせ先:090-4125-9259(陣内) FAX042-636-8640
https://www.facebook.com/events/2188348081453386/

案内チラシはこちらから
https://www.facebook.com/events/2188348081453386/permalink/2188356468119214/

10__convert_20181016053637.jpg


  1. 2018/08/29(水) 05:35:26|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緒方ゆうかとはぐくむ会 2018年8月25日

2018 8 25
国連のSDGsを楽しくゲームで学ぶ会に参加しました。世界全体で幸せになるための17の目標。

SDGsを短くまとめている動画はこちら。
https://youtu.be/1c48vhokWLQ

外務省がピコ太郎さんに依頼してSDGsを広報している動画はこちら。
https://youtu.be/H5l9RHeATl0

本格的なゲームで、楽しく体験することができました。

また主催のBPW熊本支部は、女性議員を増やすという目的で最近発足。嬉しい動きです😊

1_convert_20181016053305

2_convert_20181016053325

3_convert_20181016053345

4_convert_20181016053400

5_convert_20181016053414


  1. 2018/08/25(土) 05:20:22|
  2. はぐくむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ACITAの会

201808232254411fc.jpeg

[市役所11階 障がい福祉課にて]

昨日は、人工内耳友の会ACITA(あした)の会の要望書提出に同行した。

私も友人の子供が難聴と分かるまで、人工内耳というものを知らなかった。人工内耳は音声を電気信号に変えて内耳に伝えてくれる機械。30才の時に子供のおたふく風邪がうつって聴覚を失った林田さんは、人工内耳の手術を受けて、聴覚を取り戻した。今は70才という林田さんがACITAの会の熊本支部長をつとめている。人工内耳をつけていると本人が仰るまで、気が付かないほどの人工内耳の性能に驚いた。

生まれつき、又は生後間もなく難聴になった場合、なるべく早く人工内耳をいれ、トレーニングをすると効果がある。

機材や手術代は百万円強かかるそうだが、初めて人工内耳を装着する時は、医療保険の対象になる。人工内耳の部品も機械なので、携帯やパソコンと同様年月が経つと更に性能の良い、つまり、より良く聞こえる新機種が出てくる。新機種に変えたい、変えてあげたいと思っても、費用は約100万円。小さな子供のいる世帯には特に大きな金銭的負担。今回の要望は、新規手術だけでなく、性能の良い機種に買い替えの時も補助をお願いしますという内容。他の自治体では始めているところも多い。

人工内耳片耳ごとに充電池が必要で、これが1つ1万7000円、2つで3万4000円だけど、市が出す補助は上限2万4000円。プールなどの時につける防水カバーが○万円、ととにかく高い。

日本製はなく、オーストラリア製などがあるそう。せっかくの日本の技術力、そういうものに使えると素敵だな、と思う。とても快適な人工内耳を生み出すことができるのではないだろうか。

課の反応は、厚労省の「補装具」と認定されれば全国一律で補助が出るので、厚労省に要望していく。との事だった。

現在熊本市は多大な借金をして、何百億ものお金を中心市街地開発、熊本駅前開発、市電延伸等などに使っている。

それよりも子供たち、市民の聞こえを保障する方が優先順位が高いと思う。もちろん、現在熊本市で人工内耳をつけている人は120人ほどかと言われているので、五年おきに付け替えたとしても、年に2千数百万円程の支出額なのではないだろうか。

次のステップとして私が出来る事は、正確には何人の方が人工内耳を使っていて、補助するとしたらいくらくらいになるのか、その調査を要望することかな。

  1. 2018/08/23(木) 23:42:37|
  2. 市議会議員の(非)日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ